コミックマーケット準備会は、2020年冬に予定していた「コミックマーケット99」を開催しないと発表しました。2021年ゴールデンウィークでの開催を目指すとしています。

【その他の画像】

 COVID-19新型コロナウイルス感染症)に関する政府のガイドライン等を検討してきたものの、現状求められている対策を講じたとしても、問題やリスクが生じる恐れもあり、参加者が満足できない開催となってしまうことが懸念されると説明。

 加えて、東京五輪の開催延期に伴って、予定していた東京ビッグサイトの全館使用ができなくなったため、当初予定の3日間開催を4日間に延長するのは年末の休日を考慮すると現実的ではないとも述べています。

 新たな開催日程については2021年ゴールデンウィークに照準を合わせて調整を行っており、詳細は2020年秋以降に発表の予定。2020年冬は、コミックマーケット98の中止を受けて行った「エアコミケ」を発展させていくことを検討しているとしています。

 なお金銭面については、「直ちにコミックマーケットの運営が立ちゆかない状況ではない」としつつも、今後のCOVID-19の状況によっては、あらためて支援をお願いすることがあるかもしれないと述べています。

 「『コミックマーケット同人誌を中心としてすべての表現者を受け入れ、継続することを目的とした表現の可能性を拡げるための「場」である』ことを理念に掲げるにもかかわらず2020年の1年間、リアルな『場』としてのコミックマーケットを開催できないことは、我々準備会にとっても痛恨事に他なりません。しかしながらコミックマーケットは、規模の大きさ故に社会的影響も考慮しつつ、継続を旨として慎重に事を進めていきたいと考えています。今後も開催継続に向け、最善を尽くして参りますので、参加者・関係者の皆さんには、重ねてのご理解・ご協力をいただければ幸いです」(準備会)

東京ビッグサイト