12日、福島競馬場で行われたG3・七夕賞は、3番人気に支持されたクレッシェンドラヴが見事に抜け出して勝利した。福島巧者らしい堂々とした走りで、昨年2着の無念をきっちりと晴らした。

七夕賞、勝利ジョッキーコメント
1着 クレッシェンドラヴ
内田博幸騎手
「馬場も悪いし、スタート次第では先行馬を見ながらでも良いかなと思っていたのですが、思ったより前に行けなかったので、そこは切り替えて内に包まれないで馬場の良い外を走りたいなと思ってレースを運びました。57キロ背負っていたのですが、堂々とした走りだったと思いますし、こういう馬場もこなせるなとは思っていたのですが、ここまで器用にこなせるとは思っていませんでした。持ち前のスタミナでしっかりゴールまで駆け抜けてくれるんじゃないかなと思って信じて乗っていました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 12日、福島競馬場で行われた11R・七夕賞(G3・3歳上オープンハンデ・芝2000m)で3番人気、内田博幸騎乗、クレッシェンドラヴ(牡6・美浦・林徹)が快勝した。1馬身差の2着にブラヴァス(牡4・栗東・友道康夫)、3着にヴァンドミンゴ(牡4・栗東・藤岡健一)が入った。勝ちタイムは2:02.5(重)。

 1番人気でD.レーン騎乗、ジナンボー(牡5・美浦・堀宣行)は9着、2番人気で北村友一騎乗、ヒンドゥタイムズ(牡4・栗東・斉藤崇史)は4着敗退。

【プロキオンS】松若「凄く良い反応」サンライズノヴァが貫禄の勝利!

昨年2着のリベンジ

 3番人気に支持された内田博幸騎乗のクレッシェンドラヴが昨年の福島記念に続いてこのコースで重賞2勝目を飾った。内枠のスタートから徐々に外目に導かれて行き、道中は中団で末脚を溜める形に。各馬馬場のいい外へ誘導されて行く中、クレッシェンドラヴは内目からショートカットして行き好位へ取りつけると、直線でも一気に抜け出して見事に押し切った。昨年のこのレースで2着、福島記念で初重賞制覇を飾るなど、このコース巧者らしい走りを見せた。

クレッシェンドラヴ 22戦7勝
(牡6・美浦・林徹)
父:ステイゴールド
母:ハイアーラヴ
母父:Sadler’s Wells
馬主:広尾レース
生産者:木村秀則

【全着順】
1着 クレッシェンドラヴ
2着 ブラヴァス
3着 ヴァンドミンゴ
4着 ヒンドゥタイムズ
5着 ウインイクシード
6着 パッシングスルー
7着 レッドローゼス
8着 リュヌルージュ
9着 ジナンボー
10着 バレリオ
11着 マイネルサーパス
12着 オセアグレイト
13着 ノーブルマー
14着 アウトライアーズ
15着 エアウィンザー
16着 ソールインパクト

(C)スポニチ