ソウル市葬は被害者に対する2次加害だ。朴元淳(パク・ウォンスン)が自殺したせいで、セクハラ疑惑は捜査もできず終結した。被害者が一生抱えていく苦痛を考えてみろ。セクハラ疑惑で自殺した人の華やかな5日間の葬式をマスコミが報じ、それを国民が見守るべきなのか」

JBpressですべての写真や図表を見る

セクハラ犯罪者が自殺して英雄になる国・・・これが常識的で理屈に合うものか考えてみろ」

「人権運動家出身の朴・前市長が被害者に配慮しているのなら、自殺してはいけなかった。本人は無責任に去れば、みっともないところを見せずに済むだろうが、被害者は一生苦痛の中で暮さなければならない。左派政権の素顔を覆おうと努力すればするほど、民心は遠ざかるだろう」

 10日未明、セクハラ疑惑に包まれたまま自殺を選択した朴元淳・前ソウル市長の葬儀をソウル市葬(ソウル市が構成する葬儀委員会が主管する葬儀)で行うというソウル市の決定に、韓国の世論が憤っている。

沸き上がる前市長の「市葬」に反対の声

 ソウル市長権限代行となった徐正協(ソ・ジョンヒョプ)・行政第一副市長は10日午前、「市長欠位に伴うソウル市の立場」を発表し、その中で「朴・前ソウル市長の葬式はソウル市が主催することにし、弔問を希望する職員のために庁舎前に焼香所を設置し、葬儀期間は5日葬で出棺は13日になる」と述べた。この徐氏の発言直後、インターネットでは冒頭のような激しい反発が起きたのだ。

 怒ったインターネットユーザーらは、大統領府の掲示板にも「朴元淳氏のソウル市葬に反対する」という請願をいくつか掲載した。もっとも多くの同意を得た請願には、2日間で延べ50万人を超える国民が憤りを表明している。女性団体も「#朴元淳市長を告発した被害者と連帯します」というハッシュタグとともに、朴・前市長のソウル市葬反対運動を展開しはじめた。

 反発が起きているのはインターネット空間だけではない。一時、朴・前ソウル市長と親交が厚かった安哲秀(アン・チョルス)「国民の党」代表は、「公務上の死亡でもないのにソウル特別市が5日葬儀を執り行うことに同意できない」「今、この国の責任ある位置にいる人々、そして高位公職者たちの認識と行動に対する深い反省と省察が必要な時だ」と主張した。

 保守系野党の「未来統合党」は、朴・前市長の弔問には行かないことを決め、保守系YouTuberのカン・ヨンソク弁護士は11日、277人のソウル市民に代わって、「朴元淳ソウル市長の葬儀をソウル特別市葬の形で行えないようにしてほしい」と、裁判所に仮処分を申請したが、12日夜に却下された。

与党は必死に「追悼ムード」作り

 一方、与党では、朴・前市長の死について哀悼の一色で、追悼ムードづくりに努めている。

「功過は誰にでもある。哀悼する期間中は敢えてそんなに粗悪にならないのが美風良俗だと思われる」(趙応天・共に民主党議員)

「命をあきらめるほど自分に対して苛酷で厳格な君(朴元淳)が恨めしいだけだ」(曺喜昖・ソウル市教育監)

「清らかな方だったので、この世を去るしかなかったのではないかという気がする」(朴範界共に民主党議員)

 さらに与党では、セクハラ疑惑については固く口をつぐんで背を向けている。葬儀委員会となった李海チャン(イ・ヘチャン)共に民主党代表は、朴・前市長のセクハラ疑惑に対する党レベルの対応を問う記者に「礼儀ではない」といい、「この**野郎」と、活字にできないような罵倒まで浴びせ、物議を醸した。共に民主党の許倫貞(ホ・ユンジョン)スポークスマンは、「報道されていないが、一方では全く違う話も出ている」とし、セクハラ疑惑を否認する発言をした。朴元淳前市長の遺族も「故人に対して一方的な主張に過ぎない、または根拠のない内容を流布することを慎んでほしい」と発表した。

 2018年、韓国検察内のセクハラ事実を暴露し、韓国社会の#MeToo運動を主導した検事の徐志賢(ソ・ジヒョン)さんも、朴・前ソウル市長のセクハラ疑惑にはなぜか固く口をつぐんでいる。徐検事は現在、法務部の両性平等政策特別諮問官として、朴・前市長の自殺の直前にあった性犯罪者引渡し拒否判決に対しては激しく批判していたのに、今回の朴・前市長の事件についてはいかなる意見も出していない。

非情!与党支持者からは「被害者糾弾」の動きも

 与党の支持者たちは、インターネットセクハラ被害を届け出た元秘書の捜索に乗り出した。「タンジ日報」という政権寄りのサイトには次のような書き込みがあり、韓国国民を驚かせた。

ソウル市HPに公開された閲覧可能な資料を調べてみたら、2017年下半期に(秘書室には)17人が勤務しました。一般職5人、特別職12人、ここから男性を除くと残りわずかですね。もうすぐ探し出せます!!! 同じ女性として私がその方を真の教育(ネットスラングで懲らしめるという意味)をしてあげます」

 SNS上では、朴・前市長を告訴したと思われる女性の写真が出回り、朴・前市長の支持者らが、自分のインスタグラムにこの女性の写真を掲載し、この女性の身元が急速に伝播している。

 親政権メディアの某記者はSNSに「女性がそんなに偉いのか? 性的暴力がそんなに大きな罪なのか? セクハラ犯は哀悼に値しないのか。無罪推定原則というものがあるが、お前らが人間か」というコメントアップし、批判を浴びた。

 女性にやさしい「ファミニスト政権」を自称する文在寅ムン・ジェイン)政権の関係者たちと支持者たちが、朴元淳・前ソウル市長のセクハラ疑惑については、「取るに足らないもの」といった態度を示しつつ、さらには被害者を侮辱しているのだ。

 これとは逆に、これまでセクハラに大して必ずしも敏感ではなかった保守系の人々は、むしろ朴・前ソウル市長のセクハラ疑惑に極度の怒りを表している。

 何事にも政治性向に基づいて判断し、敵か味方かに分かれて激しく対立するのが韓国社会の特色だ。その側面が、朴・前ソウル市長の死をきっかけに、また姿を現したと言えよう。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  セクハラ疑惑のソウル市長、自殺で追及回避には失望

[関連記事]

韓国騒然、ソウル市長がセクハラ疑惑のさなかに死亡

なぜ韓国は日本離れしつつあるのか

7月2日、ソウル市庁で開かれた「ポストコロナ革新の市民報告会」での朴元淳・前ソウル市長(写真:YONHAP NEWS/アフロ)