12日、函館競馬場で行われた第11Rで、8番タイムフライヤーに騎乗し第1着となったC.ルメール騎手(栗東:フリー)は、6年連続6回目のJRA年間100勝を達成した。

 なお、7月12日(日)でのJRA年間100勝到達はC.ルメール騎手の自身最速での記録達成となる。

【マリーンS】タイムフライヤーが完勝!ダート初勝利

JRA年間100
C.ルメール騎手
「6月後半から勝つペースが遅く、とてもエキサイトしていました。特に先週と今週は1番人気でもあまり勝てずになんでだろう、と思っていましたが、このレースではとても強い勝ち方が出来ました。(年間100勝は)最近は札幌競馬場で達成してましたが、今年は春の調子も良く早く達成することができました。まだ今年は6か月くらいあるので、いい競馬をして新記録を作りたいです」

JRA発表による