ドリームワークスアニメーションの新キャラクターが活躍する映画『トロールミュージックパワー』の日本語吹き替えキャストとして、ダブル主演の上白石萌音ウエンツ瑛士、そして仲里依紗お笑いコンビのミキの2人が出演することがわかった。

【写真】ブサかわいいキャラが集合! 『トロールズ ミュージック★パワー』新メインビジュアル

 ドリームワークスアニメーションが「ボス・ベイビー」に続いて世に送り出し、世界の女子たちを中心に多くのファンを生んだ新キャラクタートロールズ」が活躍する本作は、全ての村の乗っ取りを企むハードロック族の女王バーブから全トロールを救うため、ポピーと仲間たちが未知なる世界に旅立つファンタジー作品。

 コロナ禍により多くの劇場が閉鎖している環境をうけて、全米では4月10日に劇場とPVOD配信で同時にリリースされると、劇場では9週連続1位に輝き、配信でも史上No.1の初日売上を記録。500万以上の世帯が視聴し社会現象を起こす大ヒットとなった(ユニバーサル調べ)。

 上白石が演じるのは、いつも元気でポジティブだけど、無鉄砲なところもあるポップ族の女王ポピーオリジナル版ではアナ・ケンドリックが声優を務めている。上白石は「ひと目で、可愛すぎるトロールたちの虜になりました。皆さんにも愛していただけますように。大人も子どもも、元気になりたいすべての人に贈ります!」とひと目ぼれ。意気込みを語った。

 一方ウエンツが演じるのは、ポピーのことが大好きな幼馴染ブランチ。内気で慎重派な男の子で、猪突猛進タイプポピーに忠告することも。オリジナル版では、本作で音楽プロデューサーも兼任する世界的ミュージシャンジャスティン・ティンバーレイクが務める。ウエンツは「素敵なメッセージが沢山散りばめられていて、台本読んでるだけでワクワクが止まりません! 早くみんなの前で歌いたい!!」とコメント

 仲は本作のダークヒロインロック村のバーブ女王を、ミキの昴生は指揮者・トロールツァルトを、亜生はストーリーテラーとしての役割もあるクラウド・ガイを担当する。

 映画『トロールミュージックパワー』は10月2日より全国公開。

映画『トロールズ ミュージック★パワー』吹き替えキャスト (上段左から)上白石萌音、ウエンツ瑛士、(下段左から)仲里依紗、ミキ亜生&昴生 A UNIVERSAL PICTURE (C)2020 DREAMWORKS ANIMATION LCC.ALL RIGHTS RESERVED.