中西部ミネソタ州のミネアポリスで黒人男性、ジョージ・フロイドさん(46)が白人警官に殺害されたことをきっかけに、全米各地で人種差別に反対する抗議デモが起こった。これに対し、ドナルド・トランプ大統領(74)は強権を発動し、州兵を動員して鎮圧を図ろうとしたが、結果的にそれが裏目に出た。抗議デモはさらに広がり、「反トランプ」運動へとつながっていった。いまや11月大統領選では再選さえ危ぶまれる状況だ。

 軍によるデモ鎮圧に抗議したのが、前国防長官のジェームズ・マティス氏(69)だった。国防長官辞任後、1年半の沈黙を破って、米「アトランティック」誌に寄せた「声明文」では、かつての上司を痛烈に批判している。

ドナルド・トランプは、私の人生で、アメリカ人を団結させようと努力をしない、いやそのふりさえしようとしない、最初の大統領です。それどころか、彼は私たちを分断させようとさえしている。そして今、私たちはトランプが意図的に分断を試みた3年間の結果を目のあたりにしているわけです。それは未熟な指導者の下で過ごした3年間の結果でもあります〉

アメリカにおける「分断」と「団結」

 マティス氏のこの声明文の中で、繰り返し言及されるのが「分断」と「団結」というアメリカの歴史を理解するうえで欠かせない2つの言葉だ。

 マティス氏は、建国時代の第4代大統領ジェームズ・マディソンの次の言葉も引用している。

「何十万人もの熟練した兵士を擁していても、分裂していてはアメリカは弱い。軍隊が少なくとも、あるいは兵士が1人もいなくても、団結していれば、アメリカは外国による侵略を封じることができる」(「ザ・フェデラリスト」第41編)

 人種差別が、アメリカ社会を分断(分裂)させることは言うまでもない。マティス氏は、人種差別への抗議デモを「それは健全で、皆が求める要求であり、全員が支持することができるもの」と擁護する。そしてトランプ大統領による軍を使った弾圧に対しては、社会の分断(分裂)をもたらすものとして厳しく非難する。

「この危機を乗り越えなければなりません」

 声明文の中でもう一つ言及されているのは、ノルマンディー上陸作戦の際の司令部から兵士たちへ発せられた激励だ。

第二次世界大戦時のノルマンディー上陸作戦に際して、司令部は兵士たちに対して「われわれを打ち破るためのナチス党のスローガンは、分断し征服せよだ」と伝えました。それに対するアメリカの答えは、「団結すれば、そこに力が生まれる」でした〉

 これを受けてマティス氏は、読者に対して力強く次のように呼びかけた。

〈今は私たちが政治家より優れていると信じ、あの頃と同じ団結をもって、この危機を乗り越えなければなりません〉

 元海兵隊大将のマティス氏は生涯独身で、休日は戦史の研究と読書をして過ごしてきた。付いた渾名は「戦う修行僧」。自宅は蔵書で埋め尽くされているという。声明文には、リンカーンの演説からの引用もある。

 声明文のタイトルは、「アメリカは、団結することでその力を発揮できる」。トランプ政権以降の分断の時代に警鐘を鳴らす全文は、「マティス前国防長官『トランプはアメリカの脅威だ』」と題して、「文藝春秋」8月号及び「文藝春秋digital」に掲載されている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「文藝春秋channel」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年8月号)

前国防長官のジェームズ・マティス氏 ©ロイター=共同