数年前、東北地方の公立高校で、同級生に対する強制わいせつを疑われ、自白を強要された男子生徒が自宅で自殺未遂をした。被害を訴えた女子生徒は警察に被害届を出したが、事情聴取で被害にあった内容が二転三転したことなどから、男子生徒への嫌疑が晴れた。

 しかし、不適切な指導が生徒を自殺にまで追い詰めるリスクについて、十分に認識されているとは言いがたい。

開口一番に「お前、やったんだろう」

 2017年2月、学校から男子生徒・田島学さん(仮名)の家に「お子さんが大変な事件を起こした」との電話があった。母親が学校に駆けつけたところ、学さんは長時間、保健室に軟禁状態で、トイレにも行けない状態だった。学さんにとって苦手な先生が指導にあたったために、正直に本当のことが言えず、事実とは違う内容を認めたという。

「午後2時半ごろ、体育の授業中に保健室に呼び出されました。バスケットボールの授業でしたので、半袖短パンだったのですが、『急いで来い』と言われましたので、そのままの服装でした。生活指導の先生2人と、養護教諭がいました。そして、2人から開口一番に『お前、やったんだろう』と言われました」(学さん)

 一体、何が疑われたのか。

同じクラスで、共にいじめに遭っていたBさん

 学校側が女子生徒Bさんから聞き取った話によると、2016年12月ぐらいに学さんとメールアドレスを交換した。その直後の夜中に〈(Bさんの)裸を見せて。今日一緒に帰るときに、図書館行く途中、駅のトイレパンツだけでもいいから〉とのメールが届いた。そのときは断ったが、別の日に、図書館の駐輪場で学さんがズボンを下ろした。そして、3学期になり、音楽室にいたときに胸を触られた、との内容だった。いずれも証人がいない出来事だった。Bさんの話をもとに、担任は「強制わいせつだ」と迫った。

 学さんにとっては身に覚えのない話ばかりだった。

生活指導担当C「わいせつなメールを送ったのか?」

学さん「トイレパンツを見せて、とは送っていない」

生活指導担当C「図書館の駐輪場でズボンを下ろしたのか?」

学さん「下ろしていない」

 いったい、なぜ、こんなことになったのか。そもそも、学さんもBさんも同じクラスで、共にいじめに遭っていた。そのため、学さんは精神科に通っている。その後、担任がいじめの仲裁をしたところ、表面的には止んでいたが、事実上いじめは続いていた。いじめられているBさんを学さんが助けることもあった。

頻繁にくるBさんからのメール

 そんな中、2016年10月メールアドレスの交換をし、メールのやりとりを始めた(Bさんの証言とは時期が食い違っている)。しかし、Bさんからのメールが頻繁すぎて、それも悩みの種になる。そのため、このメールについても、精神科の主治医に相談している。

「夜中に電話をしてきたり、メールも多かったんです。メールは午前3時まで。1日で10~20通ありました。朝6時に起きると、メールが溜まっていることが続きました。メールを返さないと、学校で『なんでメールを返さないの?』と言われることもありました」(学さん)

 12月ごろ、音楽室で学さんとBさんが2人になった。そのとき、Bさんはいじめの加害者たちの文句を言っていた。愚痴を聞かされているようなものだったが、最終的に、学さんの友人の悪口になっていった。そのため、学さんは「いい加減にしろ」と言い、Bさんの肩を押した。頻繁なメールと、友人の悪口に対するいらつきの結果だった(Bさんの証言とは、時系列と内容が違っている)。

 その2ヶ月後、二人は同じ掃除の班だった。Bさんが掃除しないことを学さんが注意した結果、Bさんは「被害を受けた」とする内容を学校側に訴えたのだ。

 学さんが認めた事実としては、〈パンツを見せて〉とのメールを送ったこと。これは、2017年1月ごろ、メールが頻繁になったことと、友人の悪口のメールが送られてきたことで、イラつき、精神的に疲れた結果、嫌がらせとして送ったものだという。そうすれば、メールのやりとりが終わると思った。しかし、朝5時ごろ、〈変なメールを送ってごめん〉などの謝罪メールを送っている。このときは、Bさんから〈変なメールを送らないで〉と返信があり、学さんは〈わかった〉と返している。

 2月に入ってから、学さんはBさんとメールをしたくないと思い、メールアドレスを消すように言った。翌日、Bさんから、「メールを消した」と言われて、自分もBさんのメールを消し、和解をしたと思っていた。その後、掃除のときに、サボっていたBさんを注意した。呼び出されたのはその数日後だった。

鍵をかけられ、保健室に閉じ込められた

「呼び出された日は雪が降っていました。保健室の暖房は付いていませんでした。そこに、体育の授業中で、半袖短パンです。しかも、トイレにも行けない状態だったんです。最初は認めませんでした。でも、2人の先生に『やったんだろう』と言われ、責められ続けました。認めないでいると、鍵をかけられ、1時間ほど保健室に閉じ込められました。16時半ごろまでいたと思います。17時に親が迎えに来るというので、教師の監視のもと、教室で制服に着替えをしました。他の生徒がいない時間帯でした。でも、早くこの場から逃げたかったので、1回『やりました』と言ってしまったんです」

 父親が学さんに話を聞いたが、保健室に長時間、閉じ込められていたことを学校から説明されていなかった。また、学さんが父親に「やっていない」と話した。そのため、父親は校長に対し、「やったのであれば、謝ります。しかし、(息子は)やっていないと言っている」と説明を求めた。

 その後、被害を訴えたBさんは警察に被害届を出した。

「本人がやってないというが、本人が嘘をついているのか?」(父親)

 時期も含めて、警察でのBさんの証言は二転三転した。被害を受けたとする日は、学さんは胃腸炎で学校を休んでいたことが明らかになった。しかし、担任は「人の記憶は曖昧だ。私は、20年以上、教師をしているから、(やったことは)間違いない」と、決めつけたという。

追い詰められた学さんは部屋で首を吊ろうとした

「蓋を開けたら、Bさんの言っている内容がどんどん変わっていくんです。証拠もない。被害は自己申告だけです。DNA鑑定もしましたが、何も出てきませんでした。事件はなかったんです。それなのに、学校側は『Bさんが怖いと言っているので、学校に来ないで』というんです。しかも、それは『謹慎処分ではない』というんです。そのため、県教委に報告書も出してない。自主的な休学、という扱いのようです」(父親)

 結局、警察は学さんを送検しなかった。

 Bさんが警察に被害届を出したことを学さんは学校から知らされた。このときにも、生活指導担当Cから「Bさんの胸を触ったのか?」と聞かれた。「違います。肩を押しただけです」と反論した。精神的に追い詰められた学さんはその日、自分の部屋で首を吊ろうとしていた。たまたま、心配になって母親が部屋に見に行ったときだったため、一命を取りとめた。

「付近の中学校いじめ自殺があったのを思い出したんです。死ねば真実をわかってもらえると思ったんです」(学さん)

 別の日にも、自殺を試みたが、家族が止めている。

 この状況を打開しようと、弁護士にも相談した。近所に弁護士がいないため、車で片道2時間の事務所に出かけた。しかし、「学校に謝ってしまえばいいじゃないか?」と言われたという。「そういうことじゃない」と父親は思った。学さんは「無実が証明できればいいと思っていたんです。それに、自主的な休みの扱いも納得できませんでした。しかし、弁護士にもこんな扱いをされては信用できません」と振り返る。

 他の弁護士を探す選択肢もあったが、また、片道2時間をかけて、探せないかもしれない。これでは「息子が精神的にもたない」と感じて、諦めた。結局、学校の不適切な対応に対して、闘うことよりも、転校をすることを選んだ。

生徒指導を起因とする自殺や自殺未遂はあとを絶たない

 文科省は、2008年2月、「指導が不適切な教員に対する人事管理システムガイドライン」を出している。また、2010年2月の「高等学校における生徒への懲戒の適切な運用の徹底について」(通知)では、「指導の透明性・公平性を確保し、学校全体としての一貫した指導を進める観点から、生徒への懲戒に関する内容及び運用に関する基準について、あらかじめ明確化し、これを生徒や保護者等に周知すること」などとしている。さらには2010年3月に作成された「生徒指導提要」では、教員に対して事実確認の重要性を述べている。

 しかし、訴訟にもなった福井県池田町での中学生の自殺をはじめ、再発防止対策検討委員会が設置された鹿児島県奄美市の中学生自殺、控訴審となった北海道立高校の吹奏楽部顧問による指導後の自殺など、生徒指導を起因とした自殺や自殺未遂、精神的な健康への影響はあとを絶たない。

 今回、学さんが筆者の取材を受けた思いについてこう語る。

「学校と向き合ってくれた父には感謝しています。ただ、父も体を壊した時期もありました。僕だって、学校には行って、授業を受けたかったんです。弁護士は最後に『和解する気になったらきてください』と言っていました。その件もあって、事件の話をするのも嫌になりましたが、今回は、高校を卒業したこともあって、話をさせてもらいました」

(渋井 哲也)

写真はイメージです ©iStock.com