米華字メディアの多維新聞は12日、中国・字節跳動(バイトダンス)が運営する動画アプリTikTok(ティックトック)」について、「中国のイメージ」脱却に向けたグローバル本部が設置される可能性を報じた。
「ティックトックは米国に、中国政府とのユーザーデータ共有について問われてきた」とする記事は、米紙ウォール・ストリートジャーナルが9日付で伝えた事情に詳しい人物のコメントを紹介。それによると、バイトダンスの幹部らは数カ月にわたってTikTokのための新たな管理委員会の設立、中国以外の場所での本部設置などさまざまな選択肢について話し合ってきた。TikTokの運営に中国との距離を維持させることが目的という。
記事は、この人物が「TikTokの運営モデル変更に関する討論はまだ早期の段階だが、独立した管理委員会を通してTikTokバイトダンスからある程度の自治を獲得することが許される」と指摘したことも伝えている。(翻訳・編集/野谷

多維新聞は12日、動画アプリ「TikTok」について、「中国のイメージ」脱却に向けたグローバル本部が設置される可能性を報じた。写真はTikTokを運営するバイトダンスの北京本社。