シマウマの錯視写真

どうなってるの?合体シマウマ image credit:Sarosh/Twitter

 去年、インドの野生生物写真家によってケニアで撮影された2頭のシマウマの写真が、最近になってTwitterで注目を浴びている。

 写真家がシェアしたその写真は、一見2頭のシマウマが合体しているように見えるが、カメラを向いているのは果たして右のシマウマなのか、左なのか?脳が混乱してしまうくらいには錯視みがすぎるのだ。

―あわせて読みたい―

確かに不思議!12の面白錯覚画像
コラみたいけどコラじゃない。不思議で面白い10の錯視的写真
錯視効果ありすぎだろ。二度見不可避、怪しげな20枚の画像
何それどういうこと?思わず二度見してしまうシュールで錯視な20枚の画像
山羊?豚?それともクリーチャー?犬の錯視写真にTwitterユーザーら困惑

2頭のシマウマの写真の錯視っぷりが凄いとTwitterで話題に

 7月7日Twitterシェアされた1枚の写真が、ユーザーらを大きく困惑させた。

 投稿主は、インドのマハーラーシュトラ州ナーグプルを拠点に活動している野生生物写真家であるサロシュ・ロディさんで、去年ケニアのマサイマラ国立保護区で撮影したシマウマの写真をシェアし、次のように問いかけた。

左と右、どちらのシマウマが前を向いているでしょう?


 ロディさんの投稿は、彼の友人のTwitterでもシェアされ、たちまち注目を浴びることになった。


さて、前を向いているのはどちらのシマウマわかりますか?

 多くのユーザーが困惑する中、あるユーザーはこのようにツイート
左のシマウマじゃないかしら。首のたてがみの角度でわかるわ。多分頭が右に向いているんでしょう。右のシマウマは、顔が左のシマウマの真後ろに隠れているんだと思う。


 「前を向いているのは右のシマウマ」「いや3頭いるのでは?」とコメントする人もいたが、全体的に「左のシマウマだ」と主張する人が多かったようだ。

完全な錯視となるイメージの撮影に成功

 また、あまりの自然な錯視写真に「これって、加工では」と言う声も挙がったようだが、ロディさんはTwitterでもそれを否定し、その後のメディアの取材で次のように話している。

ケニアのマサイマラ国立保護区で、私はシマウマの様々な姿をクリエイティブなイメージで撮影しようと試みていました。

その時、この2頭のシマウマが互いに近付き合っていたのです。それを見てカメラの焦点を合わせました。2頭は、だんだん近づいて行って、完全な錯視となるイメージに達したのです。


 ロディさんによると、前を向いているのは左のシマウマということだ。こちらのユーザーも正解!


 Twitterユーザーらからは、「加工無しでこんなに素敵な錯視イメージが自然に撮影できるのってすごい!」という驚きの声も寄せられており、リアル錯視写真は多くのユーザーを楽しませたようだ。

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52292678.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

誰かに愛されたかった。道行く人全員に尻尾を振り続けていた野良犬の物語(スリランカ)
リアルど根性ガエル。眠っているトラの顔面にダイブ!(インド)
愛猫とのラブラブな映像を撮り続けた男性「そして時は流れ……?」今しあわせが増えた模様
鶏の脱走大作戦、配達車のトランクに潜り込み、この支配からの卒業(アメリカ)
ちょ、まっ、ストップ!鳥のヒナになつかれすぎたダックスフント犬の場合

―画像の紹介記事―

愛猫とのラブラブな映像を撮り続けた男性「そして時は流れ……?」今しあわせが増えた模様
「後悔はしていない、自分の理想はこの形」頬骨を強調するための整形を繰り返す女性(ウクライナ)
白馬を宿した馬!?体に馬の模様がある美しい野生馬が救出される(アメリカ)
9900万年前の琥珀に閉じ込められた昆虫。まるでつい最近まで生きていたかのような姿(ミャンマー)
犬と猫の背中の語る哀愁。外出制限解除の後、いつも一緒にいた飼い主が会社に行ってしまったときの犬と猫の反応が切なすぎる
脳が混乱。合体しているようにしか見えない2頭のシマウマの写真の錯視みがすぎる