詳細画像はこちら

内装 抜本的に見直し

メルセデス・ベンツは今年後半に新型Sクラスを発表する予定だが、公道でテスト中のプロトタイプカメラにキャッチされた。

これまで目撃されていたプロトタイプは厳重なカモフラージュが施されていたが、今回カメラに収められた車両からはある程度のスタイリングが確認できた。

詳細画像はこちら
新型Sクラス試作車のスパイショットフロント

第7世代のBMW 7シリーズライバルであるSクラスは、デザインに進化的なアプローチを取り、曲線的なスタイリングを採用していることがはっきりとわかる。

テールライトは最新のCLSからインスピレーションを得ているようだ。

インテリアは、テクノロジーをより重視した抜本的な改良が施されていると思われる。

ミニマルなダッシュボードは、テスラ風のディスプレイ(これまでメルセデスが提供してきたどのスクリーンよりも大幅に大きい)と、独立したデジタルメーター類により構成されている。

先日、メルセデスは新型Sクラスインテリアを正式公開し、インフォテインメントシステム「MBUX」の第2世代を採用することを明らかにした。

第7世代のSクラスは、新しい電動パワートレインや先進のドライバー支援機能を搭載し、ブランドの技術的な地位を取り戻そうとしている。

7シリーズアウディA8などのライバル車を凌駕することを目標に、快適性と技術レベルを向上させた。

来年には英国で発売予定の新型Sクラスは、大きく分けて2種類の電動パワートレインを搭載予定だ。

標準モデルにはプラグインハイブリッドが設定されるほか、EV用サブブランド「EQ」のフラッグシップモデルとして、空力性能を最適化したEVモデルも発売されることになっている。

ショートホイールベースは廃止か

「EQS」と名付けられたそのモデルは、2022年に発売予定で、最新のWLTP欧州テストサイクルでの航続距離は500kmを超えるとされている。

一方のプラグインハイブリッドモデルでは、最長100kmをパートタイム・ゼロエミッションで走行できるほか、新しくなった四輪駆動システム「4マティック(フロントとリアアクスルの駆動配分を調整可能)」のオプションも用意されている。

詳細画像はこちら
新型Sクラススパイショット(内装)

今後6年以内に英国市場に10台以上のEVを導入するという、メルセデスの90億ポンド(1兆2000億円)規模のプログラムが進行しており、その一環としてEQSが登場するのだ。

さらに、メルセデス・ベンツは、標準のSクラスを2種類のホイールベースショート/ロング)で提供するという長い伝統を廃止することにしたと見られる。

現段階では何も公式発表はされていないが、Eクラスの全長が4920mmに拡大されたことで、新型Sクラスではロングホイールベースのみ提供することなったと考えられている。

ロングホイールベースの全長は5280mm前後となっている。ショートではEクラスと被ってしまうのだ。

しかし、標準のSクラスMRAラットフォームを使用しているが、EQSでは新しいMEA(モジュラー・エレクトリック・アーキテクチャー)プラットフォームを採用する。

MEAを使うのは、EQSがメルセデス・ベンツで初となる。

当然ながら、EQファミリーの小型モデル用に開発されているものとは構造が異なる。

既存のプラットフォームをベースにしたものではなく、バッテリーを格納するためのフラットフロアを備えたEV専用のアーキテクチャーとして開発されている。

より多くのパワーと快適性を実現

パワートレインについては、ハイブリッドモデル仕様の内燃ユニットは、メルセデス最新の3.0Lおよび2.9L直列6気筒ガソリンエンジンディーゼルエンジンAMG製4.0L V8エンジンベースにする。

エンジンには、トランスミッション内のディスク型電気モーターとトランクフロアに設置されたリチウムイオンバッテリーが組み合わされる。

詳細画像はこちら
新型Sクラススパイショット(リア)

EVのEQSには、フロントとリアをそれぞれ駆動する2基の電気モーターが搭載され、全モデル四輪駆動となる見込みだ。

EQCではこれと同じセットアップで400ps以上のパワーと71.4kg-mのトルクを発揮するが、EQSの開発に携わったエンジニアによると、さらなる出力向上が図られているという。

計画されているAMGパフォーマンスモデルでは、600psを超えるパワーを発揮するようだ。

ラットフォームが異なるにもかかわらず、標準のSクラスとEQSは同じアクティブ・サスペンション・システムを共有することになっている。

現行Sクラスのエアマティック+システムを発展させたもので、48Vの電気システムステレオカメラを組み合わせ、前方の道路をスキャンして各ホイールのスプリングとダンパーの動きを調整する。

コーナーでのボディロールを抑えるだけでなく、ピッチングのコントロール性も向上している。

デザインに関しては、すべての新世代モデルに影響を与えるような、メルセデス・ベンツの新境地を開拓するという。

プロトタイプスパイショットからは、特徴的なトライバンドLEDマルチビームヘッドライト、古典的なグリル、空力性能を向上させるためボディラインに収まったドアハンドルなどが見て取れる。

なお、EQSは独自のスタイリングを採用する。EV特有のパッケージングを応用して、標準モデルよりも短いボンネットと、大きく傾斜したフロントガラスが特徴だ。


メルセデス・ベンツの記事
【新スパイショット】メルセデス・ベンツ新型Sクラス 進化したスタイリング
【ハイ、メルセデス】M・ベンツVクラス(日本仕様)、MBUX標準化 レーダーセーフティ・パッケージも
【見た目に惑わされないで!】見た目と走りにギャップがあるクルマたち よくもわるくも
【後席からハイ、メルセデス】次期M・ベンツSクラスに採用、次世代「MBUX」詳細

【新スパイショット】メルセデス・ベンツ新型Sクラス 進化したスタイリング