詳細画像はこちら

適度に当たりの柔らかいサスペンション

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
最新のアルピナB3へ搭載されるトランスミッションは、ZF社製の8速AT。トルクコンバーターは容量が増やされ、アルピナらしく、マニュアルシフトが可能なスイッチトロニックを採用。ステアリングホイール上のボタンだけでなく、オプションシフトパドルでの操作も可能だ。

駆動方式はBMW製のxドライブによる四輪駆動。Mスポーツ・リアデフにもアルピナが手を加えている。ドライビング・モードは、コンフォートスポーツスポーツプラスの3種類で、明確に味わいが変化する。

詳細画像はこちら
アルピナB3 リムジン(欧州仕様)

エンジンだけでなく、操縦系全体のスムーズさも大きな長所。トランスミッションのフィーリングからは、オートマティック・モードでもマニュアルモードでも、高い技術力を感じ取れる。

変速は、迷うことなく鋭い。もしB3を選ぶなら、シフトパドルのオプションは選んだ方が良いだろう。ステアリングホイール上のボタンは、ちょっと操作しにくい位置にあると感じた。

アルピナによれば、最新B3の0-100km/h加速は3.8秒。通常の3シリーズベースとした量産モデルの中では、最速になる。最高速度は紳士的リミッターなしの302km/h。B3が備える高速直進時の優れた安定性と、自信を示す数字だ。

アルピナB3は、BMW M3と比較すると、適度に当たりが柔らかい。それが、独自性の強い魅力を生んでいる。

シャシーへも、もちろんアルピナは大幅に手を加えた。コイルプリングとスタビライザーはアイバッハ製を採用し、M340i譲りのアダプティブ・ダンパーの制御プログラムも書き直されている。タイヤは前後ともに、キャンバー角が強められている。

スポーティでありながら、長距離走行も快適

ホイールは19インチの鍛造。タイヤは専用サイズフロント265/35、リア275/35で、ピレリPゼロを履く。このモデルのために、新開発されたという。

アルピナ社を率いるアンドレアス・ボヴェンジーペンは、B3に対して次のように話す。「M3以上のスポーツカーを作りたいとは、考えていません。わたしたちの哲学は、常にスポーティでありながら、長距離走行も快適にこなせるクルマを生み出すことです」

詳細画像はこちら
アルピナB3 リムジン(欧州仕様)

「リラックスでき、スムーズに運転できるクルマ。長い運転の後にクルマから降りても、まだ気分がいい、そんなモデルです」

ステアリングは、細かな操作に即座に反応。穏やかな道も、楽しいコースへと変えてくれる。

シャシーの動きは見事に煮詰められ、サスペンションは伸縮時も伸長時も、一切無駄のない動きを見せる。巧みな姿勢制御を保ったまま、ダイナミックな躍動感も味わえる。

路面からの衝撃は、狙うラインを乱すことなく、瞬間的に処理される。荒れた路面で強い負荷がかかった状態でも、足さばきは変わらない。落ち着いた姿勢制御は、お手本と呼べるものだと思う。

BMW標準のアダプティブ・ダンパーには、コンフォートスポーツの2つのモードがある。そこへアルピナスポーツプラスを追加。スタビリティコントロールの介入を、遅らせる設定になっているという。

ニュルではなく郊外の道とアウトバーン

コンフォートモードでも、圧倒的な落ち着きとグリップ力で、コーナリングはシャープスポーツプラスを選択すると、漸進的なパワーオーバーステアを引き出しやすくなる。

オーバーステア状態でも、優れた操縦性はそのまま。BMWがなぜM3にこのチューニングを施さないのか、疑問に感じるほど。

詳細画像はこちら
アルピナB3 リムジン(欧州仕様)

ドイツニュルブルクリンクノルドシュライフェといえば、スポーツモデル開発で重要視されるサーキットBMWのMモデルも重点的にテスト走行を行うが、アルピナはさほど力点をおいていない。

ニュルブルクリンクでのテストも行いますが、一部の機能のセットアップに関してのみです。サスペンションは主に、ドイツの郊外の道やアウトバーンで設定を煮詰めます。ノルドシュライフェではありません」 ボヴェンジーペンが説明する。

わたしたちの哲学は、サーキットを数周回れるクルマではなく、1日中運転できるクルマを生み出すことなのです」 B3は、それを体現していると思う。

見事なバランスを獲得した、新しいアルピナB3。レスポンシブでダイレクトでありながら、快適で乗り心地の洗練性も高い。

アルピナがいうように、高速道路をハイスピードで長時間運転できつつ、高次元でのドライビングファンも備えている。ドライバーを疲れさせることなく。

リムジンとツーリングのどちらにするか

アルピナB3は、次期BMW M3を選ばない理由の1つになるモデルだ。素晴らしくトルクフルなエンジンと、極上のバランスを備えたシャシー。クルマを運転したいと強く思わせる、理想的な仕上がりだといえる。

デザイン的な違いは、ボディもインテリアも大きくはない。しかし走行性能や操縦性、乗り心地は並外れている。ドライバーを強く引きつける魔法のような完成度だ。

詳細画像はこちら
アルピナB3 リムジン(欧州仕様)

ドライビング体験を本当に理解する、エンスージァストな技術者でなければ、B3のようなモデルを生み出すことは難しいはず。自動車業界における小さな巨人という姿を守っているからこそ、アルピナの理想を追求し、強みを高めることができるのだろう。

既存のBMWベースに、素晴らしいドライバーズカーを生み出し続けるアルピナ。われわれが悩むべきは、アルピナB3を選ぶかどうかではない。B3のリムジンとツーリングの、どちらを選ぶべきか、だと思う。

アルピナB3 リムジン(欧州仕様)のスペック

価格:7万3000ポンド(978万円/予想)
全長:4719mm
全幅:1827mm
全高:1440mm
最高速度:302km/h
0-100km/h加速:3.8秒
燃費:9.0km/L
CO2排出量:252g/km
乾燥重量:1785kg
パワートレイン:直列6気筒2993ccツイン・ターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:468ps/5500-7000rpm
最大トルク:71.2kg-m/2500-4500rpm
ギアボックス:8速オートマティック


アルピナの記事
アルピナB3 リムジン
アルピナB3 リムジン
【2020年版】AUTOCAR英編集部が選ぶ「いま新車で買えるクルマ」ベスト50 前編
【アルピナも】アルピナB5/D5 S、日本価格発表 2021年上旬導入へ BMW 5シリーズのマイナーチェンジ受け

【悩むべきはリムジンかツーリングか】新型 アルピナB3 リムジンへ試乗 468ps 後編