任天堂ファミコンソフトスーパーマリオブラザーズは、1985年に発売されてから世界中で愛された大人気ゲームであっただけに何度も再販されており、生産時期によってパッケージの特徴が少しずつ異なる。また、未開封品ももちろん少ない。
 これらの違いはゲームプレイする上ではほとんど関係ないが、オークションで落札価格には大きな違いを生む。

 コインの競売で有名なヘリテージオークションは、同オークションにてNES(海外向けファミコン)用ソフトSuper Mario Bros.』が、11万4000ドル(約1200万円)で落札されたことを発表した。

 ヘリテージオークションによれば、これは1本のゲームソフトに支払われた額としては史上最高を記録しているという。2019年バージョンの違う『Super Mario Bros.』が10万ドル(約1000万円)で落札されたことも記憶に新しいが、1年もしないうちに同じゲームでさらに高額な落札が発生したことになる。

(画像はヘリテージオークションより)

 この『Super Mario Bros.』は、オークションで競売に掛けられるビデオゲームを鑑定するWata Gamesによって、9.4というグレードが与えられた。前述の10万ドルで落札された『Super Mario Bros.』もWata Gamesによって9.4と格付けされているが、落札価格の差はパッケージの違いによって起こった。

 Wata Gamesは『Super Mario Bros.』の複数の生産バージョンそれぞれのパッケージの特徴から解説している。2019年に10万ドルで落札された『Super Mario Bros.』は、まだパッケージが「Nintendo」と書かれた丸いシールだけで封印されていた時代のものだ。1985年から1986年にかけて製造されたもので、シュリンク包装もされていないため、未開封の状態の良いものが見つかるのは非常にまれだ。

 また2019年に落札されたパッケージは、後期生産のものと違いパッケージを商品ラックに吊り下げるための「hangtab」と呼ばれるものが背面に付いている。パッケージを直接切り取って使うもののため、これも未使用の状態であるものは極めてまれだ。このhangtabこそ、比類無きヴィンテージの証であるとヘリテージオークションでは説明されている。

 一方、今回落札された『Super Mario Bros.』は、生産年としては前述のものよりあとになる。このパッケージ1987年初頭に生産されており、バリエーションとしては5番目に位置する。1986年半ばにパッケージの封印は丸いシールからシュリンクに変更されたが、その後もしばらくはhangtabが付いたパッケージのままだった。そのため、吊り下げるための機能はあるものの、意味をなさなくなっている。

 オークションに出品される製品は、一般的に初期のものほど高額で、後のものになると徐々に価値がさがっていくイメージがある。どうやら希少価値が高ければ、初期も後期も関係がないようだ。

(画像はWata Gamesより)

 ヘリテージオークションのヴァラリー・マクレッキー氏は、『Super Mario Bros.』の需要は高く、記録的な落札価格を達成するだろうと予想していたという。それでも、これほど白熱したオークションになるとは誰も予想できていなかったと語っている。

 日本では4800円で販売された『スーパーマリオブラザーズ』だが、『Super Mario Bros.』の希少品の値段はその2400倍に膨れ上がっている。こういう高額商品のニュースを見かける度、押し入れの中にしまったゲームが気になってくるのは筆者だけではないのではないだろうか。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros