今月4日に札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ福岡ソフトバンクホークスの一戦。その9回表、ソフトバンク柳田悠岐センターに放った三塁打ファンを騒然とさせた。その打球は無回転で揺れながら落ち、好守を誇るセンター・西川の横を破って三塁打に。“ナック三塁打”とも呼ばれている一打について、プロ野球解説者の里崎智也氏が「あれは絶対に捕れない」と西川に同情する一幕が見られた。

【映像】珍実況も誕生! 柳田のナックル三塁打

 アウトコース低めの球に腕を伸ばすようにして反応した柳田の打球は、センターへのライナー性の飛球に。一度はレフト方向に走り、落下点を目指した西川だったが、不安定な打球の行方に翻弄されるように急ブレーキ。その後、逆を突かれるように倒れ込みボールを後逸した。

「だいぶ曲がりましたね」

 『ABEMA バズ!パ・リーグ』に出演した里崎氏は問題のシーンを見るなりそう口を開くと「なかなか無い打球。サッカーで言うと無回転シュートボールの芯をバットの芯で、振り抜かずにパンチショットすると、芯の芯を喰った時にこういう形になる」と解説した。

 その一方で里崎氏は「ショートセカンドでこのような打球はあるが、外野まで届くというのはない。柳田のパンチ力ということだろう」と柳田のスイングの鋭さ、力強さに舌を巻くと「これは絶対に捕れない」とも話し、三塁打を許した西川を慮った。

 このシーンには解説席もさすがに驚いたようで「おっとっとっと…」という珍実況も誕生。ネットからも「変化打球」「超能力」などの声が上がっていた。
「おっとっとっと…」の珍実況も誕生! SB・柳田の“ナックル三塁打”に里崎氏「あれは絶対に捕れない」