トッテナムのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエの弟であるクリストファー・オーリエが射殺されたようだ。

イギリスメトロ』によると、オーリエの弟はトゥールーズで射殺されたとのことだ。

フランス警察当局によると、26歳のクリストファーはトゥールーズ市の郊外にある工業地帯のナイトクラブで、2度胃のあたりを打たれていたとのこと。午前5時ごろ、危篤状態でトゥールーズ大学病院に緊急搬送されたが、その後死亡が確認されたとのことだ。

フランス警察は現場から逃げた犯人を追っているとのことだ。

トッテナムは13日、クラブ公式ツイッターを通じてオーリエの弟が亡くなったことを報告した。

クラブは、セルジュ・オーリエの弟が、早朝に亡くなったという報道を確認し、深く悲しんでおります」

クラブの全員が心からお悔やみをセルジュとその家族に送ります。我々はみなさんを同じ想いです」

クリストファーはセルジュの1つ下の弟で、同じサッカー選手2011年にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のブレンフォードでトライアウトを受け、カタールベルギーチームプレーを目指していたようだ。

サムネイル画像