サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はマンチェスター・シティアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが決めたゴールだ。


2011-12シーズンプレミアリーグマンチスターの両雄、ユナイテッドとシティは熾烈な優勝争いを繰り広げた。

勝ち点84で並んだ両チームは運命の最終節を同勝ち点の状態で迎え、シティは残り1枠となっていた降格枠を巡る残留争いに身を置くQPRとホームで対戦した。

前半終盤の39分にDFパブロ・サバレタのゴールで先制に成功し、1点リードで試合を折り返すも、退場者を出した相手にまさかの逆転を許す苦しい展開となる。

しかし、最後まで諦めないシティは5分が与えられた土壇場の後半アディショナルタイムに奇跡を起こす。まずは92分、MFダビド・シルバの右CKをFWエディン・ジェコが頭で叩き込み、2-2の同点に追いつく。

さらに94分にはボックス中央のFWマリオ・バロテッリとのワンツーでボックス右に抜け出したアグエロがニアサイドに右足のシュートを突き刺し、現地実況の「アグエロォォォォォォォ」の絶叫でお馴染みの勝ち越しゴールが決まった。

その直後にはタイムアップホイッスルが鳴り、劇的過ぎるプレミアリーグ初優勝にエティハド・スタジアムに集まった多くのシティサポーターピッチになだれ込み、騒然のピッチ内はシティのチームカラーの水色に染まっていた。

サムネイル画像