2021年秋に開幕を予定している日本女子サッカートップリーグ『WEリーグ』の初代チェア(代表理事の呼称)に就任した岡島喜久子氏が、13日にオンライン就任会見を行った。

 早稲田大学時代にアメリカ留学経験があり、卒業後はアメリカの金融企業に勤めていた岡島チェアは中学時代からサッカーを始め、FCジンナンでもプレー。日本女子サッカー連盟の初代理事メンバーや事務局長を歴任するなど、日本女子サッカーの歴史と縁深い人物となっている。

 岡島チェアは「WEの由来でもある『Women Empowerment』について、アメリカは日本から2、30年先を行っています。そこに日本の視点をまじえて、いろいろと新しいことを提案していきたいです。少女のサッカー選手にぜひ、生で選手を見て、ワクワクする気持ちになってもらいたいです。WEリーガーが女の子の憧れの職業となってほしいです」と、来場するサッカー少女の増加を目標に掲げ、各都道府県協会との連携などに力を入れると語った。

 来場者増に向けては構想として、少女チームの前座マッチ開催、女子サッカーを主題とした『さよなら私のクラマー』のようなマンガを見ているようなファンパートナー企業の女性社員に働きかけるようなコミュニティや企画を挙げ、「会場に来るとサッカー以外のことでも楽しめるものを作りたい。今までと同じことをしても増えないので、一つひとつのことを魅力的に作っていかないといけません」と、続けた。

 すでにアメリカクラブなどとは意見交換などをしており、「トップレベルの海外の選手やコーチにも来てほしい」と、リーグとして資金サポートの可能性も探っているとのこと。

 Jリーグとの協力も必須と考えており、村井満Jリーグチェアマンからも「失敗を恐れず新しいことをやればいい」と助言をもらい、「女性が活躍する社会は女性だけではできません。男性も巻き込みながら新しいことに挑戦していきたい」と力強く話している。

 選手に対しては素晴らしいプレーピッチで見せることが大前提として、「試合以外の場で、少女や一般女性と交流をどんどんしてほしいです」と要望。意見や要望についても、直接クラブに伝えたり、SNSでもどんどん発信してほしいと述べた。

 過去の憧れの選手はジョージベストで、高校選手権の場内アナウンス国立競技場でやった経験もあるという岡島チェアチェア就任打診前は、自身のキャリアから財政面でのアドバイスパートナー企業獲得の手伝いをするつもりだったとのことで、まず取り掛かることとして、「JFAからの援助もありますが、長期的な成功にはWEリーグの理念に協賛していただける企業を探さないといけません。いくつか前向きに検討いただいており、早く発表にこぎつけたいです」と、財務の基盤作りに着手していく。

オンライン会見に登壇した岡島初代チェア