【J番記者コラム】MF中村が中盤で存在感見せるも…G大阪に1-2敗戦

 清水エスパルスはJ1リーグ開幕から3連敗中とクラブのワースト記録更新中のなかで、今節は制限付きではあるが観客を入れての開催が許された最初のホームゲームとなり、4,131人のサポーターがスタジアムに駆け付けた。チャントや鳴り物などの応援ができないなかではあったが、熱いサポートを受けて今シーズンの初勝利を目指し、再開後は1分1敗と調子の出ていないガンバ大阪ホームに迎えた。

 ここまでの試合を振り返って、清水のピーター・クラモフスキー監督は「チャンスを決め切ることができれば」と決定力不足を嘆いていたが、まさにこの試合もそこがポイントとなった。しかし、再開後の2試合と比べても本当の意味でのチャンスの数は多く、「決定的」と言えるものも多かった。前節のセレッソ大阪戦に比べれば相手のプレスに苦しむことも少なく、ある程度ボールを持てる展開にも恵まれたが、これまでの全体的な閉塞感は感じられず「自分たちのサッカー」の片鱗は見せられた。

 その要因の一つとして挙げられるのが、MF中村慶太が怪我から復帰したことだ。軽快な球さばきで試合をコントロールした開幕戦以来のスタメンでボランチに入った中村は、試合後に「存在感を出せた」と自ら評価したように攻撃の組み立て役としてチームを牽引した。一度は同点に追いついた後半39分のDF立田悠悟のゴールも、中村からの柔らかい優しいクロスからだった。足をつって同45分に交代するまで、ボールを前に運ぶプレーでその力を十分に示した試合となった。もちろん、中村が攻撃に集中できるようにサポートしたボランチの相棒であるMF竹内涼の存在も忘れてはいけない部分でもあった。

 課題である決定力は、期待の新加入FWカルリーニョス・ジュニオがGKとの1対1を決められない場面などがあり、まだまだ改善されているとは言い難い。だが今年の1月にスイスで練習試合をやって以来、清水に移籍して6月の藤枝MYFCとの練習試合まで5カ月間も試合をしておらず、本人も「試合勘がまだ戻っていない」と話すように本来の感覚は戻っていないのだろう。これに実績十分なFWティーラシン・デーンダーやFWジュニオール・ドゥトラ、そして全盛期は過ぎたものの勝負強いFW鄭大世も控えている攻撃陣の躍動する姿が見られるのは、これからとなりそうだ。

立田も前向きに捉える 「自分たちのやりたいことはサポーターに届いた」

 そして、怪我で春季キャンプにも参加できなかったDFエウシーニョが途中出場し、28分間、エウシーニョらしいプレーチームに勢いを与えてくれた。また、出場こそなかったが、昨年11月に左前腕骨折という大怪我をしたMFヘナト・アウグストもベンチ入りした。怪我で離脱していた選手たちが戻りつつあるチームは、まだ勝ち点は掴めていないが着実に前進している。

 試合後には立田に連敗していることで自信を失ったり、迷いが生じていないかを尋ねてみたが、「自分たちのやりたいことはサポーターに届いたと思うし、プラスの要素が多かった」と、この試合の内容と結果を前向きに捉えていた。

 終盤に許した決勝点は、ベンチワークのミスによって献上した印象は否めない。これで4連敗となり、開幕連敗ワースト記録をストップすることはできなかったが、クラブチームを初めて指揮するクラモフスキー監督とチームの挑戦はまだ始まったばかりだ。(下舘浩久 / Hirohisa Shimodate)

怪我から復帰をした清水エスパルスMF中村慶太【写真:小林 靖】