モデルプレス=2020/07/13】俳優の山本裕典らが出演し、6月30日から7月5日まで上演されていた舞台『THE★JINRO-イケメン人狼アイドルは誰だ!!-』の全観覧者(約800人)が濃厚接触者に指定されたことがわかった。13日、公式サイトにて発表された。

【写真】山本裕典氏、事務所契約解除の理由が明かされる

◆全観覧者を濃厚接触者に指定 16人に感染確認

これまでに主演の山本、サッシャ、榊原徹士、企画プロデュースを担当した有村昆など、多数のキャストスタッフ・観客から新型コロナウイルス感染者が続出しており、クラスターが発生したとされている同舞台。

同舞台の公式サイトでは、「ご観覧者様からも陽性反応が多数確認されたことを受け、全ご観覧者様(約800人)が濃厚接触者に指定されたとの連絡がございました」と保健所からの連絡を報告。

そして、観覧者については保健所から連絡が行くことを伝えた上で、「保健所からの連絡が遅くなってしまう可能性もございますので、ご観覧者様におかれましては、速やかに、お近くの保健所、帰国者・接触者相談センターにご相談くださいますようお願いいたします」と呼びかけた。

また、観覧者の感染状況について「当社の把握している限り、本日の時点でご観覧者様16名の方々に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されております」と発表。感染経路に関しては保健所と情報を共有し、引き続き調査を行っていくという。

最後に「当社としては、ガイドラインを作成し、できる限りの感染防止対策に努めてまいりましたが、多数の感染者が生じてしまったことは事実であり、皆様には、大変なご心配とご負担をおかけしており、心からお詫び申し上げます」と謝罪。

「引き続き適切に情報を把握して、新型コロナウイルスの感染拡大防止、及びご観覧者様の安全を最優先に当社のHPをとおして発表してまいります」と結んだ。

山本裕典主演舞台でクラスター発生

公式サイトでは7日、出演者の1人であるSuper Break DawnTAKUYA新型コロナウイルス感染を発表。続けて9日には、6月30日の昼公演と、7月4日の昼夜2公演を観覧した観客2人の感染を報告した。

さらに10日、「新型コロナウイルスの陽性反応が確認されました出演者とスタッフは合わせて12名となっております」と発表し、保健所から全キャスト及び全スタッフ濃厚接触者と指定され、全員に対し自宅待機の指示があったことを説明。

なお、同サイトでは12日に「出演者16名、スタッフ5名、ご観覧者様9名の、合計30名の方々に、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されております」と報告していた。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

山本裕典(C)モデルプレス