ジョントラボルタの妻で女優のケリー・プレストンが死去した。57歳だった。生前、乳がんを公表せず治療を続けていたケリーが、2年間の闘病生活の末、7月12日に息を引き取ったことを、本人と夫のスポークパーソンが発表した。

同代理人は、ピープル誌にこう話している。

2020年7月12日の朝、愛された妻で母親のケリー・プレストンが乳がんとの2年間の闘いの末他界しました」
「自身の闘病生活を公表しないことを選び、家族や親しい友人達に支えられながらしばらくの間治療を受けていました」
「ケリーは、聡明で美しく、手を触れるもの全てに命をもたらす、深い思いやりをもった愛に溢れた人でした。今遺族がプライバシーを必要としていることを理解していただけますようお願いいたします」

夫妻の間には、エラ(20歳)、ベンジャミン(9歳)と2人の子供がおり、2009年には当時16歳の長男ジェット君を失くすという悲劇を経験している。

ケリーの最後のインスタグラム投稿は父の日のもので、ジョンジェットが一緒に写った白黒写真と共に「父の日おめでとう。私の知る限り最高のお父さんへ。私達はあなたを愛しています」と綴っていた。

ケリーは、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の1988年作「ツインズ」で注目を集め、その後トム・クルーズ主演の1996年作「ザ・エージェント」など数々の作品に出演。また2018年には「ギャング・イン・ニューヨーク」で夫ジョンと共演していたほか、ドラマ出演などテレビ界でも活躍した。

最愛の妻を亡くしたジョンは、こう言葉を綴っている。

「私の美しい妻ケリーが2年間にわたる乳がんとの闘いに敗れたことを非常に重い心を持ってお知らせいたします。妻は多くの人々とその愛に支えられらながら勇敢に闘いました」
「私と家族は、MDアンダーソンがんセンターの医師や看護師の方々、そして助けてくださった全ての病院、彼女の傍にいてくださった多くの友人や家族に永遠に感謝します」
「ケリーの愛と人生は、今後も常に思いだされることでしょう。母親を亡くした子供たちのために私はしばらく時間を取らせていただきますので、しばらくの間私達から何も聞かなくてもお許し下さるよう先に申し上げておきます。しかし今後、数週間、数か月にかけて私達が癒されて行く中で、私たちあなた達の溢れるほどの愛を感じることでしょう」
「愛をこめてJT」

また、ジョシュ・ギャッド、リー・トンプソンマリアシュライバー、スペンサー・ブレスリンなど数々の著名人たちが故人を偲ぶ言葉をソーシャルメディアに寄せている。