昨年9月から今年初頭にかけてオーストラリア全土を襲った深刻な森林火災。豪首都特別地域にあるティドビンビラ自然保護区(Tidbinbilla Nature Reserve)に住むコアラたちも避難を余儀なくされていたが、このたび半年ぶりに保護区に戻ることができた。うち1匹にはお腹に赤ちゃんがいることも明らかになった。『9News』『London Evening Standard』などが伝えている。

今年初頭までオーストラリア各地で続いた未曾有の森林火災によって人家や広大な自然、コアラをはじめとする多くの野生動物が犠牲になった。ティドビンビラ自然保護区に暮らす5匹のコアラ“ジェッド(Jed)”、“ スカリー(Scully)”、“ビラ(Billa)”、“グル(Gulu)”、“イエローYellow)”はオローラル・バレー(Orroral Valley)で起きた森林火災が保護区の22%を燃やす前に、オーストラリア国立大学内に設置された特別なコアラ用園舎に避難していた。

3月までに徐々に鎮火した森林火災とそのダメージの補修を経て、今月9日にようやく5匹のコアラたちは保護区に戻ってきた。しかも嬉しいことに、イエローのおなかの中には赤ちゃんが確認されたという。

野生動物チームリーダー、サラ・メイ博士(Dr.Sarah May)は「コアラたちは自分たちの住処に戻ってきたことを完全に理解している様子で、とてもうれしそうよ」と語っている。

サラ博士によると、イエローのお腹の袋にいる赤ちゃんは3月に生まれて現在、生後3か月ほどとのこと。赤ちゃんコアラは生後5~6か月で母親の袋から顔を出すようになると言い、その時まで赤ちゃんコアラの性別は不明という。

サラ博士は「コアラたちの繁殖に問題は全く見られず、彼らはとても健康よ。もしかするとスカリーのお腹にも赤ちゃんがいるかもしれないわね」と明かしており、何か月も森林火災によって離れていた自然動物や自然がパズルのピースをはめるように少しずつ元に戻ってきていることに安堵しているようだ。

「すべてが元通りになってきているの。一年の半分ほどが過ぎて動物たちを保護区に戻し始め、ようやく前に進んでいると感じているわ。」

豪首都特別地域のミック・ジェントルマン環境大臣(Mick Gentleman)によると、ティドビンビラ自然保護区はツーリストなどを受け入れ始めたが、近くのナマジ国立公園Namadgi National Park)は今も復旧中で閉鎖されたままという。

ミック環境大臣は「ロックワラビーやコロボリーガエル、カモノハシなど他の動物もこの地に戻ってきているのが確認されている。森林火災の起こる前のように自然が戻っていくのは素晴らしいことだ」と述べ、失われた動物たちとともに生息地が徐々に戻ってきていることに喜びを示した。

昨年9月から2月までの間にオーストラリアでは今回の大規模森林火災において韓国とほぼ同等の面積が延焼し、2500件以上の家が被害を受けたと報告されている。

近年は生息地の減少や気候の変動などによって頭数の著しい減少が問題視されていたコアラだが、最新の研究では今すぐ手を打たねば2050年までにニューサウスウェールズ州からコアラの姿が消えるという。同州では森林火災を通じて5000匹のコアラが犠牲になったとされており、さらにコアラの生息地は以前より24%も減少、国を挙げての早急な保護活動が望まれている。

画像は『9News 2020年7月9日付「Koalas return home after devastating summer bushfires」(9News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト