前回はHORI製のアケコンを紹介しましたが、今回は「Qanba」の3モデルを紹介します。Qanbaは『ストリートファイターV CE』のプロゲーマーときど選手が使用していることでお馴染みのモデルですね。

Qanbaでは、ハイエンドモデルとエントリーモデルを展開していますが、まずはハイエンドモデルの「Qanba Obsidian」を紹介します。

○ガッシリ安定感のあるハイエンド「Qanba Obsidian

Qanba Obsidianのレバーとボタンは、ゲームセンターの筐体でも使用されている三和電子製。繊細かつ安定した操作感、長い間使用できる耐久性を兼ね備えています。ボタン配列は現在主流のビュウリックス配列。多くの対戦格闘ゲームに対応しやすいでしょう。

OPTIONボタンSHAREボタンなどは天板の奥に配置。小さなボタンなので、試合中に押すことはほとんどありませんが、OPTIONボタンなどを無効にするトーナメントモードも搭載しています。PS4ユーザーにはうれしい「タッチパッド」やシューティングゲームが好きなオールゲーマー向けに「連射モード」も完備しています。

本体サイズは、幅がちょっと大きめの461mm。この幅が膝置き時の安定性につながっていますが、背面の滑り止めは左右の端に分かれているので、滑り止めに合わせた「足の開き」をする必要があります。個人的にはそこまで大変な気はしなかったので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

ただし、全面が滑り止めのタイプよりも「滑り止めのパワー」は若干弱め。サイズに関しては「膝置き時の安定性」と「テーブル置き時や持ち運び時のスペース確保」がトレードオフとなってしまうので、どちらを優先するかをよく考える必要があるでしょう。

ボタンは押した感覚は、結構センシティブで遊びが少ない印象。それだけに素早い反応をしてくれますが、ちょっと指が触れただけで技が出てしまう可能性もあるので、Qanba Obsidianを使うのであれば、必要なときだけボタンに触れるクセを付けたほうがいいでしょう。

PCの入力方式は「Xinput」と「DirectInput」の両対応なので、最新のゲームだけでなく、古めのPCゲームもそのままプレイできます。

見た目に関しては、本体左右の側面にLEDライトが仕込まれており、3つのモードで光らせることが可能です。ゲーミングPCゲーミングキーボードなどは、ある種「光ることがアイデンティティ」とも言えるので、この機能は、好きな人には堪らない演出でしょう。

また、背面のネジを外せば、簡単にボタンやレバーの交換、カスタマイズができる設計になっています。特にメーカーで本体を開けることを禁止していないので、安心ですね。

配列:ビュウリックス
連射:あり
OPTIONボタン:天面
トーナメントモード:あり
PCインプット:Xinput/DirectInput
PS4タッチパッド:あり
カスタマイズ:可能
市場価格:税込25,000円前後
○「Qanba Drone」はリーズナブルで持ち運びやすい

Qanba Droneは、小型軽量モデル。価格もリーズナブルで、最初のアケコンとして購入するのに向いているでしょう。価格が安いといっても、作りはしっかりしており、操作感は悪くありません。

レバーとボタンサイズは、上位モデルObsidianと同じで、ボタン間隔も変わりません。ただし、三和製ではなく、Qanbaオリジナルを採用しているので、操作感は多少変わります。三和製に比べ、ボタンもレバーも軽い印象。コマンドを出しにくいというほどではないので、ベテランユーザーでないとその差に気がつかないでしょう。

サイズが小さく、重さが軽くなったことで、安定性はObsidianよりも低くなっています。膝置き、テーブル置きどちらとも、しっかりと手のひらで本体を押さえつつ操作しないと、アケコン自体が動いてしまいます。できるだけ静かに軽く操作する必要があるでしょう。慣れることで対応できるのですが、Droneを使うときの操作感を体に叩き込まなければなりません。

小型軽量での恩恵は、やはり持ち運びのしやすさです。Obsidianだと大型のバッグでないと入りませんが、Droneであれば通常サイズリュックサックにも入れられます。ゲーミングPCと一緒に持ち歩いても、バッグひとつで済むのが利点です。

ボタンはビュウリックス配列です。本体サイズが小さめなので、こちらの配列のほうが安定するでしょう。背面に滑り止めは付いていますが、ごく一部で、あまり効果は期待できません。車のダッシュボードに敷く滑り止めシートなどを併用することをオススメします。特にテーブル置きには必須といえます。

機能的には優秀で、連射やトーナメントモードも搭載しています。PS4タッチパッドがないのはサイズ的に仕方ないところ。PCも「Xinput」と「DirectInput」の両対応なので、オールゲーマーも安心です。

カスタマイズはドライバーで背面ネジを外すことで対応可能です。ただ、ネジに到達するまでの深さがかなりあるので、8本入りのドライバーセットのようなドライバーだと、届かないこともあります。

配列:ビュウリックス
連射:あり
OPTIONボタン:天面
トーナメントモード:あり
PCインプット:Xinput/DirectInput
PS4タッチパッド:なし
カスタマイズ:可能
市場価格:税込11,000円前後
DroneEVOバージョンはレバーとボタンが三和製

続いて紹介するのは、DroneEVOバージョンです。見た目が黄色いハニカム構造のデザインから、EVOマークがあしらわれたデザインに変わっています。

また。レバーとボタン違いますDroneはQanbaの自社製品のレバーとボタンを使用していましたが、EVO Droneで使用しているのは三和製。Droneを購入して、カスタマイズで三和製のレバーとボタンに換装するつもりの人であれば、その手間がなくなります。

基本的に通常DroneEVO Droneの差はこの2点のみ。サイズも重量も機能も一緒です。レバーとボタンが三和製になっているので、操作感は多少変わりますが、こちらも初めてアケコンを手にする人にはあまり差が感じられないかもしれません。

試遊した操作感では、ボタンは結構感触が違いました。三和製のほうが抵抗があるので、しっかりとボタンを押したという感触を得られます。強く反発している分、ボタンのガタツキも感じません。

また、三和製のレバーは、倒し混んだときのスイッチが入る“カチカチ感”があります。ボタンもレバーも三和製のほうがしっかりレスポンスを感じられるでしょう。なので、しっかりとコマンドを入れきったかどうか、手の感覚でなんとなくわかるのです。

レバーのボール部分は、通常Droneが樹脂製ですが、EVOメタル素材なので、見た目も手触りも高級感があります。もし通常Droneを選んだとしても、ボールヘッドは交換してみてもいいかもしれません。

通常DroneEVO Droneは正規代理店での価格差が2,781円です。通常Droneに三和製レバーとボタンを換装させるより格安なので、もし、換装する可能性があるのであれば、EVO Droneをオススメします。

しかし、換装するレバーやボタンが、EVO Droneで使用されているよりも高価な静音タイプや着脱式を考えているのであれば、EVO Droneでもさらに換装させる必要があるので、通常Droneを購入して換装したほうが安上がりです。

配列:ビュウリックス
連射:あり
OPTIONボタン:天面
トーナメントモード:あり
PCインプット:Xinput/DirectInput
PS4タッチパッド:なし
カスタマイズ:可能
市場価格:税込14,000円前後
(岡安学)

画像提供:マイナビニュース