2020年7月12日、中国の軍事情報サイト・米尔軍事網は、「日本のいわゆる『自衛隊』の実力は世界をはるかに超越している」とするコラム記事を掲載した。
記事は、「1954年に専守防衛を旨として発足した自衛隊が長きにわたり発展を続け、現在では強い武装力を持つ組織にまで成長した」と紹介。「的確に言えば、日本はもはや戦争の放棄という公約の束縛を受けておらず、一人前の国防システムと軍隊をつくり上げている」と指摘した。
そして、現在日本は米国の認可を経てF-35ステルス戦闘機147機導入しようとしているとし、「いずも」型護衛艦空母化を目指す中で同戦闘機の導入は「自衛隊にとってはトラに翼を付けた(鬼に金棒)ようなもの」であると説明。島国である日本は軍事的に優位に立つためには強い海・空連係システムを構築する必要があり、多機能な護衛艦により既に制海権争いで強みを持つ中、高性能なF-35戦闘機を導入することで制空権争いでも明らかに攻撃力が増強されると伝えている。
また、F-35の導入は日本の防衛システムをより充実させるものであるとも説明。F-35には弾道ミサイルを迎撃する能力を備えており、イージスシステムと組み合わさることで日本の防空能力が一層高まるとした。
記事は「日本の自衛隊は創設後の早い段階ですでに元の意義を打破し、正規軍に向けて体系的な発展を進めており、対外的に宣伝してきた『盾』はすでに『矛』へと姿を変え、その性質は根本部分から変化している」との見解を示している。(翻訳・編集/川尻

12日、中国の軍事情報サイトは、「日本のいわゆる『自衛隊』の実力は世界をはるかに超越している」とするコラム記事を掲載した。(出典:海上自衛隊 https://www.mod.go.jp/msdf/)