女性リーダーの圧倒的な不足

 僕が都農町で仕事を始めて、率直に感じたことは町役場の意思決定に関わる役割や、商工関係の経営層に女性が少ないことでした。

JBpressですべての写真や図表を見る

 新卒で化粧品会社に入社以来、その後はベンチャー企業を経営し常に男性と女性は半々、フラットな関係性が当たり前の環境で働いてきたのでいまだに不自然な印象を拭えないでいます。

 僕が経営や採用してきた企業においては、女性の方が、起業や新規事業、海外に対して積極的な印象がありました。新卒採用では意図せず、結果的に男性より女性の数の方が多かったです。

 地域の差はあれ、世代的な価値観として仕事に男女差はないので、活躍する女性のロールモデルが少ない町役場が女性から就職先として選ばれにくいのは必然とも言えます。

 都農町のような小さな町を活性化させていくためには、女性のロールモデルを積極的につくっていくことがとても効果的な人事施策になると思います。

 人口減少、少子高齢化、若者流出が進む中、都農町は、運命共同体として町民の一人でも多くまちづくりに参画することを目指しています。

 それだけに、女性が当たり前に男性同様に活躍できる環境を整えれば、ますます面白いまちづくりが推進できるのではと期待をしています。

若い女性に魅力的な職場が少ない

 都農町まちづくり課長の黒木小百合さんと課長補佐の河野智憲さんに現状の都農町における女性の活躍状況について聞きました。

「都農町の女性も、仕事を楽しみ、輝いてみたいという気持ちを強く持っています。ただし、現状は女性が活躍しやすい風土にはなっておらず、町として、女性が町に残る仕かけや仕組みが必要です」

 黒木さんはこう話します。女性が町の外に出て行ってしまう一番大きな理由は、魅力的な働く場所がないということでしょう。

求められる女性のロールモデル

 続いて、黒木さんに世代による価値観の違いを聞きました。

「親世代には、他の町に対するコンプレックスや、上の世代への抵抗感など、都農町は好きだけどネガティブに捉える人もいたようです」

「今の若い世代は都農町のことを大好きな人が多いように思います。自分の町に自信を持っている人も増えているのではないでしょうか」

「それだけに、憧れをもてる仕事が増えれば、都農町に残る人も増えるものと期待をしています」

「少し前までは、一流の大学を出て、良い就職を、という考え方が根強く、そのために東京に出ていくことが多かったです」

「最近では、ICTに代表される一定のスキルさえあれば、学歴や社歴を問わず、リモートワークでも活躍できる仕事が増えてきていますので、必ずしも東京に行かなくても、やりたい仕事はできる時代になってきています」

「都農町の主力は農業など1次産業で、職種の選択肢が少ないのが大きな課題です」

「若い女性が好きなキラキラしたり、かわいさが求められる仕事がないこと、仕事のキャリアパスも少なく、ロールモデルになる人がいないことで、町に残って仕事をするイメージがわかないのではないでしょうか」

「私が町役場に入った頃は、16時過ぎにはお茶の片づけをして、女性の先輩で係長もいなかった時代でした」

「補助的な仕事の方が楽と考える女性が多かったとも聞きますが、今はもう意識も変わってきて、活躍したい女性は確実に増えていると思います」

まずは女性が活躍する下地を整える

 町役場職員の男女構成比はほぼ半々で、一見、バランスが良いようには見えるのですが、実態は保育士看護師などがほぼ女性で、一般職の新卒は男性が多いなど、職種的な偏りがあります。

 河野さん曰く、「一昔前までは、都農町でも家事は女性、という古い考えが多かったように感じますが、最近の20代、30代はイクメンも増え、男女問わず家事を分担している人も多いので、女性が仕事で活躍できる下地は整ってきているように思います」

 移住者を含めて、これから求められるスキルや人材を聞いてみたところ、黒木さんは「これからは、都農町においても、より一層に女性の感性が必要とされる時代。まずは数が必要」だと言います。さらに、

「これまでの男性社会に対して、特定のスキルというよりは世代を問わず多くの女性が加わって、バランスのとれたまちづくりを推進していきたいです」

「移住者に求めたいスキルを挙げるなら、真っ先にマーケティングやデジタル関連が頭に浮かびます」と話してくれました。

 対象者となる若い女性にとってのメリットは?の問いには、

「都農町のセールスポイントは子供が育てやすい環境です。自然を満喫でき、温暖な気候と豊かな食材」

「子育て支援の制度もいち早く充実してきましたので、ゆっくりと子育てできます。今後は教育をより一層充実させていきたいですね」

まちづくりに必要な女性リーダーの姿

 まちづくりにおいては、人口減少、少子高齢化が一番の課題であり、特に若い人が少なくIT系の人材も不足しています。

 とはいえ、人口が単に増えればいいかというとそうでもないと思います。その点を黒木さんに聞いてみました。

「人口は現状維持に近いレベルでいいと思っています。課題はいくつもありますが、根本的な町の良さは変わってほしくありません」

「一かゼロではなく、これまでの歴史や風土を大切にしながら、たくさんの手段を考えながら、一緒に変えていってくれるスタンスが望ましいと思っています」

「これまでは、上に立つ人は強くなければならない、といった考え方が根強くあり、女性の場合、男性みたいにならなければならないという空気がありました」

「これからは、女性らしさを大切にしたマネジメントが増えていくことが理想であり、女性が活躍するキーワードは“しなやかな強さ”であると考えます」

 世界に目を向ければ、最も若い女性首相が誕生し閣僚の過半数も女性が占めて話題になったフィンランドや、同じく女性が大統領デンマークをはじめ、当たり前に女性がリーダーシップを発揮しています。

 日本の地方自治体では、まだまだ女性リーダーが少ないのが実情です。

 偶然にも、僕が前職で一緒だった松田美幸さんが、福岡県福津市の副市長に就任、すでに市の幹部会議では半数近くが女性になったり、松田さん目当てに女性の移住者が増えたり、分かりやすい成果が出ています。

 都農町からも、魅力的な女性リーダーが続々と生まれていくことを楽しみにしています。

これまでの記事一覧はこちら(https://jbpress.ismedia.jp/search?fulltext=%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E6%95%AC%E6%96%87

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  次に困らないまちづくり、決め手は人材育成

[関連記事]

ふるさと納税原資に町の大改革に着手、都農町

空き家だらけなのに借りられるオフィスがない!

都農町の黒木小百合・まちづくり課課長(左)と河野智憲課長補佐(右)