マンチェスター・ユナイテッドは13日、プレミアリーグ第35節でサウサンプトンホームに迎え、2-2で引き分けた。

前節アストン・ビラ戦を3-0と快勝して4連勝とし、勝利すればチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位浮上となるユナイテッド(勝ち点58)は、リーグ戦ここ4試合同様のスタメンで臨んだ。

ここ3試合2勝1分けの12位サウサンプトン(勝ち点44)に対し、ユナイテッドは10分に決定機。ウォード=プラウズのボールロストを突いたマルシャルが独走。しかし、GKマッカーシーとの一対一をセーブされた。

すると2分後、失点する。ポグバの自陣でのボールロストから、ボックス左に侵入したレドモンドのクロスをファーサイドで受けたアームストロングにネットを揺らされた。

それでも20分に追いつく。ポグバの右サイドからのアーリークロスゴール前のマルシャルがキープして落とし、ボックス左のラッシュフォードが左足で蹴り込んだ。

さらに3分後、ブルーノフェルナンデスのパスを左サイドで受けたマルシャルがカットインからボックス左へ侵入。豪快にゴール左上へ蹴り込み、ユナイテッドが一気に逆転に成功した。

逆転後はユナイテッドボールを保持し、試合をコントロール。前半を1点リードして終えた。

迎えた後半もユナイテッドが押し込む中、ラッシュフォードのミドルシュートなどで3点目に迫るも、75分にハムストリングを負傷したショープレー続行不可能となってピッチを後に。

86分にはボックス左からレドモンドに際どいシュートを打たれたが、ここはGKデ・ヘアがファインセーブで阻止。試合終了間際にはウィリアムズが負傷するアクシデントがあった中、このまま逃げ切るかと思われたが、追加タイム6分に落とし穴

左CKからニアサイドのベドナレクにヘッドで逸らされ、ファーサイドのオバフェミに押し込まれた。勝ち点1獲得に留まったユナイテッドは3位浮上のチャンスを逸し、CL圏外の5位のままとなっている。

サムネイル画像