レアルMFアザールの愛車をスペイン紙が紹介 海外注目「車好きには夢のようだ」

 レアル・マドリードベルギー代表MFエデン・アザールの愛車に注目が集まっている。スペイン紙「AS」の公式YouTubeチャンネルが「新車で到着」と記し、世界に900台未満という50万ユーロ(約6070万円)の高級車を映像で紹介した。

 アザール2019年夏にチェルシーからレアルに加入。ハムストリングの負傷で出遅れ、コンスタントに出場し始めた同年12月に右足首を骨折すると、今年2月には右足ひ骨を亀裂骨折と負傷が続いた。シーズン再開後も足首の負傷で2試合を欠場し、10日の第35節アラベス戦(2-0)では終盤に投入されて戦列に戻った。

 ここまで公式戦20試合1ゴールと苦戦が続くアザールだが、ピッチ外でも脚光を浴びている。スペイン紙「AS」の公式YouTubeチャンネルが「新車で到着」と映像を公開。高級車ランボルギーニで登場したアザールの姿が話題となっている。

 母国ベルギーメディアLaLibre.be」は「白いランボルギーニのアヴェンタドールSVJのハンドルを握って登場。非常に珍しいモデルで、世界で900台未満、およそ50万ユーロ」と伝え、最高時速350kmという一台を紹介している。

 また米スポーツ専門局「ESPN」の情報番組「スポーツセンター」公式ツイッターは、「なんて狂気! 車好きには夢のようだ」と記せば、同局コロンビアサッカー情報専門番組「Balon Dividido」公式ツイッターも「夢の車」と驚嘆の声を上げている。

 首位を走るレアルは2位バルセロナとデッドヒートを繰り広げており、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)も16強まで進出している。戦列に戻ったアザールが本領を発揮し、チームタイトルをもたらすだろうか。(Football ZONE web編集部)

レアル・マドリードでプレーするMFエデン・アザール【写真:Getty Images】