インテルは13日、セリエA第32節でトリノをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。

前節ヴェローナ戦を引き分けに持ち込まれたものの、勝利すれば2位浮上となるインテル(勝ち点65)は、ルカクが負傷欠場となった中、2トップはL・マルティネスとサンチェスが組んだ。

16位トリノ(勝ち点34)に対し、立ち上がりからボールを握っていたインテルだったが、17分に先制される。右CKのクロスをGKハンダノビッチがまさかのキャッチミス。落としたボールをベロッティに押し込まれた。

失点後もボールを持ったインテルは32分に同点のチャンス。ガリアルディーニが敵陣高い位置でボールを奪ってボックス左のL・マルティネスへ。しかし、L・マルティネスシュートセーブされてしまった。

すると40分にはピンチカウンターを受け、ボックス左まで侵入したアンサルディに決定的なシュートを打たれたが、ここはGKハンダノビッチが凌いだ。

1点のビハインドで迎えた後半、インテルが攻勢をかけると、開始3分に追いつく。ブロゾビッチのフィードをゴールエリア左のL・マルティネスヘッドで落とし、ボックス左のヤングがボレーで蹴り込んだ。

さらに51分、左CKのショートコーナーから一気に逆転する。ヤングの浮き球パスをゴールエリア左のサンチェスヘッドで落とし、ゴディンが頭で押し込んだ。

止まらないインテルは61分、サンチェスのパスを受けたL・マルティネスがボックス手前右から右足を振り抜くと、DFにディフレクトしたシュートゴールに決まり、3-1とリードを広げた。

L・マルティネスの6試合ぶりのゴールで余裕の展開としたインテルは、終盤にかけては危なげなく時間を消化。後半の3発で逆転勝利し、2位浮上とした。

サムネイル画像