ナイジェリアに住む11歳の少年が雨の中でバレエを踊る動画がSNSで拡散され、素晴らしいダンスに称賛の声が多数あがっている。動画を見て感動し、この少年に奨学金を支払うという人物まで現れた。男性のバレエダンサーが認識されていないナイジェリアで、少年は「男性ダンサーステレオタイプについての物語を変えていく」と語っている。『London Evening Standard』『BBC News』などが伝えた。

SNSで話題になったのは、11歳のアントニー・メソマ・マデゥくん(Anthony Mmesoma Madu)がナイジェリアの都市ラゴスでダンスしている動画だ。雨が降り注ぐ路上で、裸足のアントニーくんが美しいバレエを披露している。アントニーくんはラゴス市内にある「リープ・オブ・ダンスアカデミーLeap of Dance Academy)」に通う12人の生徒の1人である。このダンスアカデミーは、ダンスを独学で学んだというダニエル・アジャラ・オーセニ氏(Daniel Ajala Owoseni)により2017年に設立した。

自身のダンス動画が多くの人に見られていることについて、アントニーくんは『BBC News』のインタビューに「とても幸せだと感じている」と明かしたうえで、このように語っている。

「僕が住んでいる場所では、男のバレエダンサーはいないんだ。バレエは女の人だけが踊るものと思っているから。」
「僕を見て、男のダンサーが存在しているってことを分かって欲しい。踊っていると、夢を見ているかのような感覚に襲われるんだ。」
「僕たちは、男性ダンサーステレオタイプについての物語を変えていくんだ。男の子は実際に踊れるし、凄く上手だよ。バレエでは、男性が女性を抱え上げる“パ・ド・ドゥ(2人のステップ)”があるんだ。男性のバレエダンサーは定着していて、女の人だけのものじゃないんだよ。」

米女優でプロデューサーヴィオラ・デイヴィスはアントニーくんの動画をリツイートし、称賛の言葉を添えた。

「人間の美しさを思い起こさせてくれる。私たちは創造し、飛び、想像できる。情熱を解き放ち、愛することができる。目の前に置かれた残酷な障害にも負けずにね。」

一方、ナイジェリアで「Bookings Africa」のCEOを務める女性フェード・オーグンローさん(Fade Ogunro)は、アントニーくんが大学での学習を終了するまで奨学金を支払うと自身のTwitterで申し出た。

「元バレリーナとして、彼の美しいラインつま先立ち、そして優美な姿勢を軽々とこなすことに嫉妬を覚えます。リープ・オブ・ダンスアカデミーへ、私は彼が大学を卒業するまで世界のどこであろうと学費を支払いたいと思います。」

現地時間8日、フェードさんはTwitterリープ・オブ・ダンスアカデミーで学ぶアントニーくんともう1人の生徒にビデオ通話で交流したことを報告している。

「私は2人が大学を卒業するまで、学費を支援します。写真の笑顔の少年は、インターネットで話題になった素晴らしい子よ。彼らは私を喜びで涙ぐませてくれた。彼らが祝福されますように。あなた達の夢は必ず叶うわ。」

画像は『Leap of Dance Academy 2020年6月18日InstagramFACTS ABOUT OUR PROGRAM.」』『Fadé Ogunro 2020年7月8日Twitter「Awwww my heart.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト