オランダ代表史上最多キャップ記録を持つヴェスリー・スナイデル2019年に引退した彼は36歳になったが、故郷ユトレヒトでの現役復帰を狙っている。

『RTV Utrecht』によれば、スナイデルはプロ選手としての復帰を真剣に考えているという。コンディションを上げるために、5部リーグのDHSCユトレヒトで練習参加する予定だそう。

ただ、引退後にゲキ太りしてしまったスナイデルが復帰できるか否かについては現地でも意見が真っ二つに分かれている。もうエールディビジではやれないという専門家がいる一方、4,5ヵ月でフィットできるという声も。

衝撃だった引退直後のスナイデルの“容姿”がこちら!

お腹がとんでもないことに…。

【関連記事】育ったクラブに「驚くべき復帰」をした10名のスター

DHSCは現在個人トレーニングをしている段階だそうで、7月27日からのチーム練習にスナイデルが参加するかが注目されているようだ。

36歳スナイデル、現役復帰はガチ!5部チームで練習へ