人材大手のリクルートキャリア(東京・千代田)が6月下旬に行った調査によると、新型コロナウイルス拡大を受けた政府による緊急事態宣言以降、中途採用を停止し続けている企業は約16%に上ることが分かった。新型コロナを巡っては東京都などで第2波出現も懸念されており、引き続き採用市場への悪影響が予想される。

【その他の画像】

●「宣言前から変わらず中途採用継続」は6割強

 調査はリクルートキャリアが自社の転職支援サービスリクルートエージェント」の顧客企業約2000社に、緊急事態宣言の解除後に当たる6月19日~25日にネット上で実施した。

 まず「現在の中途採用活動」について聞いたところ、「緊急事態宣言以前から変わらず採用を続けている」が64.8%となった。次いで「宣言で採用活動を中止したが、解除で再開している」が19%。「宣言以降、採用活動を停止し続けている」企業は16.2%になった。

 変わらず採用活動を続けている企業に、「緊急事態宣言下での面接の方法」について聞いたところ、66.6%の企業が「選考の全てもしくは一部でWeb(もしくは電話)面接を取り入れた」と回答した。

●8割強の企業「宣言解除後もWeb面接を継続」

 さらに、宣言下でWeb面接を取り入れていた企業に「宣言解除後もWeb(もしくは電話)面接を続けているか」と聞いたところ、88.8%が「継続している」と回答した。その理由についても質問(複数回答可)したところ、「まだ対面での面接は適切でない」が61.5%でトップとなった。

【画像】緊急事態宣言後、企業の中途採用活動はどう変化した?