9月25日(金)に公開の映画『映像研には手を出すな!』から予告編が解禁された。

映像研には手を出すな!』は『月刊!スピリッツ』(小学館)で連載中の、アニメーション制作を志す女子高校生3人の青春冒険譚を描いたコミック2017年12月に『TV bros.』のマンガ賞『ブロスコミックワード2017』大賞を受賞したほか、Twitter投票にて選出される『俺マン2017』で1位、『この漫画がすごい2018』オトコ編15位、『THE BEST MANGA 2018このマンガを読め!』7位などの評価を受けている。初の実写化では、乃木坂46齋藤飛鳥が主演、山下美月・梅澤美波の共演でTVドラマと映画が制作。4月からはTV版が放送された。

(C)2020 「映像研」実写映画化作戦会議(C)2016 大童澄瞳/小学館

(C)2020 「映像研」実写映画化作戦会議(C)2016 大童澄瞳/小学館

解禁された予告では、齋藤飛鳥演じる人見知りな浅草みどり山下美月演じるカリスマ読者モデルアニメーターを目指す水崎ツバメ、梅澤美波演じるプロデューサー的立ち位置の金森さやからが、物語の中心となるロボットアニメ制作を進める姿が収められているほか、映画から新たに参加となるキャストも続々登場。ロボット研究部・小野役の板垣瑞生、同部・小林役の赤楚衛二、音響部・百目鬼役の桜田ひよりや、謎に包まれた気象部・晴子役の浜辺美波らの姿が切り取られている。ラストに姿を見せる、ド迫力のロボットにも注目だ。

 


また、発売が延期されていたムビチケ前売り券が、7月17日(金)より全国上映劇場にて販売をスタートすることも決定。劇場限定の購入特典として、劇中の印象的なシーンより制作された“『映像研』実写版パラパラ漫画”!は付属するとのこと。なお、特典は浅草版、水崎版、金森版の全3種がランダムに配布される。

映像研には手を出すな!』は9月25日(金)より全国公開。