東京大学中退という異色な経歴を持ちながら、明晰な頭脳を生かしマルチに活躍するラッパー・ダースレイダー(43)。この連載では現代日本で起きている政治や社会の問題に斬り込む。

darth

 河井克行前法相・案里議員夫妻の逮捕、検察庁法改正案をめぐる検察人事への介入疑惑、さらに持続化給付金事業の再委託による中抜き疑惑と、コロナ禍でも次々と問題が浮上している安倍政権。

 一連の政府対応や報道を、この国の若者はどう見るべきか? 前回に引き続き、ダースレイダーがわかりやすく解説する。

多くの若者が“現状維持”を求めるわけ

ダースレイダー:今の若者のなかには、物心ついたころから安倍政権だったという人もいるわけですよね。あるいは、小さいころは民主党政権の末期。「政治家というのはダメだなぁ」ってイメージをもったタイミングで安倍政権に変わっている。今の安倍政権に問題があるのはわかったけど、そうじゃないものに変わることによって何がおこるかわからない。それは怖いから、今の状態を維持してほしい。こういう考えになっている人が多いと思います。

 気づいたら、この何とかやってればいいという“今”がずるずると下がっていって、世界中を巻き込むコロナパンデミックで、現状維持どころか、昨年の今頃と比べて国全体が叩き込まれてしまっている。

 自粛要請によって、かつて通っていた店が次々となくなっていく。これって“今”がかなり変質してしまって、この先コロナがいったん落ち着いたときにその店が戻ってくるかと言われたら、そんなことはない。70~80年やってきた喫茶店や洋食屋が戻ってくることはないんです。それでも「現状のままがいい」「他の政権が怖い」というメンタルになっているのであれば、自分の現在地を確認をする必要がある。

 そして今回、図らずも家にいる間に「法律というのはどうやってできていたんだっけ」「そもそも政治家の役割は何だったんだっけ」ということを確認する機会が増えたと思います。

コロナ対策の不手際で気づく問題

安倍晋三首相
※首相官邸ホームページより
ダースレイダー:その結果、「みんなを助けますよ」と言って用意されたのが定額給付金。1人10万円が世帯ごとに振り込まれると。これ、ネグレクト家庭内暴力があり関係が良くなかったり、別居している家族の場合はどうなるのか。こういった問題が出てくるのに、なぜ世帯ごとに振り込むという決定をしたのか、とかね。

 しかも入金にめちゃくちゃ時間がかかっていて、郵送よりオンラインで申請したほうが遅いということも起こっている。日本のオンライン事情はどうなっているの? ネットのほうが処理が遅くなるって、どんなシステムを使っているの? こういったことが気になってきます。

 なんでこうなったか考えてみましょう。安倍政権が任命した情報通信技術(IT)政策担当大臣・竹本直一さんは、ハンコ議連といって日本のハンコ文化を大事にしよう、広げようとしている人です。テレワークなのにハンコのためだけに出社するという、お笑いみたいなしょうもない話が現実に存在している。ハンコを推奨する人がIT担当大臣に選ばれるって、本当に国民のためになる判断だったのか。

 また、給付金を全国に配るシステムを統括する総務省では、高市早苗さんという方が大臣をやっているんですが、本当に彼女が適任なのか。日本に優れた人材はかなりいると思うんですけど、本当にふさわしい人が担当をやっているのかという人事のおかしさに気付いたと思います。

持続化給付金事業における“中抜き疑惑”

ダースレイダー:一方、持続化給付金中小企業や個人事業主で、コロナ禍で収入がガクッと減ってしまった事業者に対して「事業を続けるための給付金を支払いますよ」というもの。経済産業省が担当しているんですが、なんとこれをサービスデザイン推進協議会というよくわからない会社に丸投げした上に、その会社は委託された事業の97%を電通に委託していた。

 その謎の会社には20億円お金が落ちて、「あとは電通さんやってください」と。民間企業だからある程度収益がないとできないんですけど、じゃあなんでその会社に頼んだのか? これが説明できない。そもそも、経産省が持続化給付金を担当したときに、経産省だけでは対応できないというのが、日本の実力なんですよ。

 結局そういうのが得意な電通さんに手伝ってもらう。本来は一番安くて一番手際が良いところに頼むべきなんですが、実際には頼んだ経緯が説明できていない上に、謎の会社をはさんでいる。しかもその謎の会社の役員をしてるのがパソナだったり、電通だったり……。

 お金を国民に配るって、確かにあまりやったことはないかもしれない。でも、やろうとしたときに、説明できない、機能しないというのが、今の日本の現状なんだと考えたときに、今のままがいいと本当に思えるのか? 担当している人が本当にその立場に適しているのか? そういうことに注意したほうがいいと思います。

河井議員夫妻の報道で注意すべきこと



ダースレイダー:そして、いろいろおかしいぞというみんなが思っているタイミングで出てきたのが河井議員夫妻の選挙資金の不正受け取り問題。1.5億のお金を選挙でもらったときに、選挙活動中にウグイス嬢たちに渡すお金を上限の2倍くらい払っていたんじゃないかという疑惑から始まりました。河井案里参議院議員が去年の参議院選挙における選挙活動で、かなりおかしいことをやっていたんじゃないか。さらに夫の河井克行さんが選挙を手伝っていて、2人でこれをやっていたんじゃないか。

 さらに、選挙前に2000万円以上のお金を選挙区の広島のあちこちに配っていたんじゃないかという疑惑も出ています。克行さんは法務大臣に就任したあとにこの疑惑が浮上したため、辞めているんですけど……法務大臣ですよ? 任命したのは安倍政権です。その人が夫妻で逮捕されたと。僕は本当にどうしようもないなと思いましたけど。

 僕らが選んだ政治家が悪いかどうか、なんでお金を集めていたのか、そういったことを確認するためには報道を見る必要がある。でも、新聞やテレビから流れてくるのは検察側のリーク情報です。だからメディアの原稿には「河井夫妻は否認している」だったり「捜査関係者によると」ってちゃんと書いてある。一応、一方の情報というのが分かるようになっているんです。

 本当は裁判で証拠品を集めて、検察が言っていることが正しいかチェックするはずなのに、その裁判のはるか手前で「この人がこういうことをやっていました」と決定事項かのような報道が続いている。これもコロナ禍システムがどう回っているか気になった人は、ぜひ注意してください。

「河井夫妻が論外」と断定できる理由

 今までも政治家が不正を侵すとこういった報道がたくさんありました。でも、政治家がお金を集めること自体が悪いことなのか? 自分のために金を集めているんだったらとんでもない話だけど、何かの政策をやるために、お金を集めたり使うこと自体が悪いのかというと、僕はちょっと違うと思います。でも、これは一緒くたに報道されることが多いです。

 なぜかというと、政治家は官僚の言うことに口出しができるからです。だから、検察は政治家を捜査して、検察から出てきた情報がメディアで報道される。そのとき、人はやっぱり「あいつら(政治家)が悪いんだな」と思ってしまう。

 ちなみに河井夫妻が論外なのは、疑惑が出てから2019年秋の臨時国会にまったく出席せず、何にも仕事をしていない。そして、今春の国会でも出席はしていましたが、非難轟々の中で何にも活動をしていない。だから何のために金を使って選挙に勝ったのかもわからない。政治家としての仕事を放棄しているので、早く辞めてもらってかまわないです。

この世界はシンプルではない

darth

ダースレイダー:こういうことをふまえると「ちゃんとしていこうとしてないのは、どっちなんだ」と考える必要がある。例えば持続化給付金の問題だって、担当は官僚だけど、政治家に「どういうことになっているんですか」と聞いていいんです。官僚が何をやるか僕らに見せてもらえないんだったら、政治家明らかにしていく必要があるわけですから。

 そういったシステムがぐるぐる回った上で僕らは日常生活を送っている。それがコロナで1回ストップして、裏側を見たり、周りから見るという見方ができるようになりました。

「#検察庁法改正案に抗議します」というムーブメントによって、僕らの日常がどうやってできているのか気づき始めた人は、ぜひその先に進んでください。そもそも政治家、官僚の仕事が何か、政権がどこに誰を任命しているのか、「アベノマスクを考えた」と言われている首相秘書官の佐伯耕三さんはどういう人なのか。

 そういったさまざまな事柄を見ていくことで、自分たちの住んでいる世界が、いかシンプルではないか分かり、その上で幸せな日常を送るには何が必要なのかということを、考えられるようになると思います。

<構成/鴨居理子 撮影/山口康仁>

【ダースレイダー】

1977年パリで⽣まれ、幼少期をロンドンで過ごす。東京⼤学に⼊学するも、ラップ活動に傾倒し中退。2010年6⽉に脳梗塞で倒れ合併症で左⽬を失明するも、現在は司会や執筆と様々な活動を続けている。

※首相官邸ホームページより