7月13日に放送された「有吉ゼミ」(日本テレビ系)に、SixTONESの高地優吾が出演。高地の発言に視聴者から「涙が出そう」と感動の声が寄せられる結果となった。

【写真を見る】「音楽の日」出演が発表されたSixTONES

番組の人気企画「超激辛チャレンジグルメ」で、「灼熱のマグマ 石焼麻婆刀削麺」に挑戦することになった高地。

激辛料理にもん絶しつつも「負けねぇからな!俺は激辛を頑張るしかない。ジェシーに負けねぇぞ」と気合を入れて、箸を進めた。

その後も「はぁぁ~辛い!」と、アイドルとは思えない形相になりつつも、最後まで諦めずに食べ続けていた高地は、「Sexy Zoneで活躍している中島健人と菊池風磨っているんですけど、同じグループだったんですよ」と語り始めた。

■ 俺の心に火がついた

実は高地、今から10年前に中島や菊池と一緒に「B.I.Shadow」というグループを組んでいたのだが、2011年に中島と菊池は「Sexy Zone」として先にデビュー。その姿に刺激を受けて、背中を追い続けてきた。

そんな高地は、今年「SixTONES」としてデビューを果たした。高地は「俺の心に火がつきましたよ!」と最後の力を振り絞って、激辛料理の完食を成功させた。

視聴者からは「色々あって、デビューできた話とか涙が出た」「必ずジェシーの名前を出すの愛だな」「ジェシーに負けたくないし、負けないよね。割とマジで涙でてきた」「B.I.Shadowの話をしてくれてありがとう」と、高地の健闘をたたえる声が数多く寄せられていた。

またこの日はオードリー春日俊彰との共演となった高地。「スクール革命!」で初めて会った芸人がオードリーだったという高地の、当時15歳の貴重な映像も紹介されていた。

※高地優吾の「高」は「はしご高」(ザテレビジョン

SixTONES高地優吾が激辛グルメに挑戦