ウルブスに0-3完敗、アンチロッティ監督が“プロ意識欠如”と指摘

 エバートンは現地時間12日のプレミアリーグ第35節で、ウォルバーハンプトンに0-3で敗れた。試合後、カルロアンチロッティ監督は「受け入れられない」と、試合に臨んだ選手たちの姿勢を批判した。英メディアリバプールエコー」が報じている。

 来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場の可能性もわずかに残していたエバートンだったが、この敗戦によって指揮官は「ほぼ不可能」と白旗を上げた。

「今日の試合は本当に苛立ちが募るものだった。本当にイライラさせられるパフォーマンスだった。チームは良い精神を見せられなかった。技術的、戦術的なもの以上に、このことについて考えなければいけない。十分ではなかったし、このチームの精神は受け入れられないものだ。残りの3試合で、私たちは態度を改めなければいけない。言い訳もあるが、私は言い訳をしたくない。パフォーマンスは受け入れられないものだった。選手たちにも伝えた。次の試合に向けて準備をして、まったく違う態度で臨まなければいけない」と、不満をはっきりと口にした。

 この試合では、イングランド代表GKジョーダンピックフォードのミスも目立った。それでも、アンチロッティ監督は1人のせいにはせず、チーム全員の責任であることを強調する。

「私は、すべての選手について、個々のパフォーマンスを語りたくない。とにかく全員に、この姿勢は受け入れられないし、即座に変える必要があると言ったんだ」と繰り返した。

 アンチロッティ監督は、クラブポテンシャルを感じているからこそ、この日のような試合が受け入れられないのだと説明する。

「正直に言って、今日の姿勢は受け入れられない。いくつかの試合で、選手たちは素晴らしい姿勢で試合に臨んでいる。リバプール戦、ノリッジ戦、レスター戦といった試合にね。このチームには、闘う精神があるんだ。でも、それが次の試合へと続かないんだ。結果は関係ない。彼らはピッチで、プロの精神を示さなければいけない」

 クラブを上位に導くことを目指すアンチロッティ監督は、「一丸となって来季に向けて準備をしていく必要がある」と語った。残り3試合、そしてプレシーズンの期間で、イタリア人監督はクラブを立て直すことができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

エバートンのアンチェロッティ監督【写真:Getty Images】