マンチェスター・ユナイテッドイングランド代表DFハリー・マグワイアが悔しさを滲ませた。クラブ公式サイトが伝えている。

ユナテッドは13日に本拠地で行われたプレミアリーグ第35節のサウサンプトンと対戦。一時逆転したが、3度の交代を施し終わった後に途中出場のU-20イングランド代表DFブランドンウィリアムスが相手との交錯でプレーに戻れず、10人の戦いを強いられると、後半アディショナルに許した左CKから被弾して、2-2のドローに終わった。主将のマグワイアは試合後、こう振り返っている。

「がっかりだ。試合の主導権を握り、試合を終わらせるチャンスも何回かあった。でも、僕らはベストじゃなかった。改善ポイントがかなりあるとまで言わないが、この試合で勝利を目指して十分にやったと思う。最後のセットプレーで自らの首を締めてしまった」

「相手はノンプレッシャーチームオールド・トラフォードに来たからといって、ファンがおらず、このリーグにいる誇りを持ってプレーしていたのは明らかだが、降格もなければ、ヨーロッパ大会の出場権がかかっているわけでもない。だから、彼らが圧力をかけてくるのは承知済みだった。実際に、狂ったようにプレッシャーをかけてきた」

「3点目を挙げてゲームを終わらせるべきだった」とも語ると、勝てば勝ち点2差以内にひしめく上位のチェルシーレスター・シティを一気に交わして、来季チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位まで浮上できたチャンスを逃した結果にも言及した。

「もちろん、チャンスを逃したのは間違いない。オールド・トラフォードでの戦いだったわけだし、マンチェスター・ユナイテッドの一員としてプレーする限り、全ての試合に勝ちたいと思っている」

「だから、今の心境はがっかりの気持ちが強い。でも、自分たちで自分たちについたホコリを払わないと。この先もいくつか大きな試合が待っている。その試合で3ポイントを目指していかないといけない」

サムネイル画像