新型コロナウイルスの影響で中断されていたリーグ戦を先月末から再開させたスイス

そうしたなか、FCチューリッヒはバーゼル、ヤングボーイズとのビッグゲーム2連戦をU-21チームで戦うと発表した。

トップチームの6人と会長を含めたスタッフ3人の新型コロナ感染が判明したことで、トップチーム全員が10日間の隔離を余儀なくされたためだ。

シーズンを放棄することを避けることと、すでに非常にタイトになっている試合スケジュールを考慮して、ユースチームで戦うことを決断したとのこと。

チューリッヒはU-21チームの監督のもとでリザーブの若手選手たちで国内屈指の相手と対戦する(ただ、トップチームの数人は起用できるとも)。

対するバーゼルはかつて柿谷曜一朗プレーしたスイス屈指の名門チーム。今季のUEFAヨーロッパリーグではフランクフルト相手に0-3の勝利を収めている。

長谷部誠鎌田大地の壁を撃ち抜いたスーパーフリーキックがこれ(以下動画1分41秒~)。

これはGKもノーチャンススーパー弾!

【関連記事】「来季プレミアリーグでレギュラーになる優秀若手」5名

同じようにユースチームだけで戦うことを余儀なくされたロシアロストフが大量10失点したことが話題になったばかりだが果たして…。

コロナ感染でチームごと隔離…スイス名門、ビッグゲーム2連戦を「U-21」で戦うことに