孤児となったウォンバット


 オーストラリアの首都特別地域で負傷や病気、または孤児になった在来の野生生物を救助し、リハビリを提供する非営利団体組織『ACT Wildlife』に、今年3月小さなウォンバット赤ちゃんが搬送された。

 交通事故で死亡した母親の袋の中から救出され、一時は生存が危ぶまれるほど弱っていたウォンバット赤ちゃんは、獣医師の治療とボランティアスタッフらの献身的な世話のおかげで危機を乗り越え、現在すくすく元気に育っており、いずれは野生に戻される予定だという。

―あわせて読みたい―

飼育員さんをどこまでも追いかける、孤児となったウォンバットの赤ちゃんのかわいさにメロメロ
オーストラリアの愛され動物、ウォンバットに関する10の知識
かわいすぎキタ!ウォンバットの赤ちゃんのかまって攻撃に心臓バクバク
【R.I.P.】世界最高齢のウォンバット、パトリックさんが永遠の眠りにつく。享年32歳。
オーストラリアのウォンバット、過去の山火事で行き場をなくした動物たちに巣穴を貸してあげていた!?

母を失くした生後3か月のウォンバットの赤ちゃん、保護される

 3月15日オーストラリアのキャンベラで、生後3か月になるメスのウォンバット赤ちゃんが保護された。


 エルジーと名付けられたその赤ちゃんの母親は、路上で車に轢かれて命を落とし、母親の袋の中に入っていたエルジーが、発見者によって救助された。

 オーストラリアの野生生物保護・リハビリ組織の『ACT Wildlife』に連れて来られたエルジーは、事故によって母親の乳首から外れた衝撃で口の中を負傷していた以外は目立った怪我はなかった。


 しかし、体重がかなり低く、野生のウォンバットのほぼ半分が持っているウォンバットヘルペスというブドウ球菌感染症に罹っていたことから、獣医師のもとで早急に治療が施された。


危機乗り越え、生き延びるチャンスを得たエルジー


 ボランティアスタッフや、獣医師らの献身的な治療と介護により、エルジーはなんとか危機を脱出した。


 ウォンバット赤ちゃんは、生まれた当初は豆サイズで非常に小さく、母親の産道から這い出るために既に発達している前脚以外は、全てが未発達だ。

 生後8~9か月間は、母親の袋の中で育つことが普通だが、エルジーはそれが叶わなかったことから、120グラムほどの小さな命を維持するために、24時間体制でモニタリングが行われた。


 エルジーの世話を引き受けたのは、20年以上同団体でボランティアをするリンディーさんだ。リンディーさんは、ここ10年はウォンバットコーディネーターとして、主にウォンバットのケアに専念している。

 自宅にエルジーを引き取ったリンディーさんは、保育器に入ったエルジーに、最初は2mlの特別なウォンバットミルクを3時間ごとに与え、成長に合わせて時間の間隔を開けていった。



 リンディーさんにお腹を撫でさすられてスヤスヤ眠るエルジーは、小さいながらも真のファイターで、やさしい人たちに見守られケアされながらしっかりと生命力を取り戻していったようだ。


生後6か月半に成長したエルジー、うっすらと毛が生える


 現在、生後6か月半に成長したエルジーは、1日5ボトルのミルクを飲むようになり、体重も1.3kgに増えた。最近は夜の給餌無しでもぐっすり眠ってくれるようになったという。



 毛がうっすら生えてきたエルジーは、性格も次第に発揮され始めて、リンディーさんによると抱っこされるのが大好きだそうだ。





 しばらくして、エルジーは“新しい母親”ヘレンさんのもとへ預けられた。ヘレンさんは、エルジーが体重18kgぐらいにまで成長し、野生に再び戻ることができる元気さを取り戻すまで、これから1年あまり世話を続けていく予定だ。


様々な在来動物を保護しケアするACT Wildlife


 エルジーの成長の様子をインスタグラムシェアしてきたリンディーさんは、次のように話している。

ウォンバット赤ちゃんは、体にたくさん接触するという点では非常に人間に似ています。コミカルで、遊び心もあり、愛情深い性格ですが、思春期になると不機嫌になったり攻撃的になったりすることもあります。

そのため、私たち団体ではリハビリが済んだ全てのウォンバットを野生に解放しています。現在、ウォンバットはエルジーを含め13頭が団体の保護下にあります。



 リンディーさんによると、1頭のウォンバットを世話するのに約1000オーストラリアドル(約74000円)の費用がかかり、決して安くはないが、団体は運営の全てを寄付に依存していると語っている。


ACT Wildlifeでは、ウォンバットだけでなく野生のコウモリトカゲ、カメ、ポッサム、鳥、ワラビーなどの保護とリハビリに努めていて、40~50人のボランティアたちと一緒に24時間年中無休で野生生物の対応をし、みな各家で保護した動物たちを世話しています。

何千もの在来動物を毎年世話していますが、野生生物をケアし、自然環境に戻れるようにしてやることは、私たちの特権であり大きな喜びです。


ヘレンさんのケアのもと、元気に育っているエルジー

追記(2020/07/14)本文を一部修正し再送します。
written by Scarlet / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52292650.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

声を奪われた?ワンワン鳴くオウムと鳴かない犬
それは追いかけっこから始まった?猫と犬と猫の初めての出会いとその後の関係
「オレ・キモチ・ステタ」 休暇から戻った飼い主に対する猫の反応が新しい
脳が混乱。合体しているようにしか見えない2頭のシマウマの写真の錯視みがすぎる
誰かに愛されたかった。道行く人全員に尻尾を振り続けていた野良犬の物語(スリランカ)

―知るの紹介記事―

マスクを着用したり、社会的距離を取るのが面倒?それは作業記憶が劣っているからかもしれない(米研究)
コロナパーティーに参加した男性が感染死亡。最期の言葉は「コロナはデマだと思っていた。でも間違っていた」(アメリカ)
もし地球上で宇宙人と遭遇した場合、何をすべきか?未知との遭遇に備えたアドバイス
あなたは私?遠い異国に住むドッペルゲンガーをネットで発見、対面を果たした女性(ドバイ・ルーマニア)
誰かに愛されたかった。道行く人全員に尻尾を振り続けていた野良犬の物語(スリランカ)
事故で母親を失くしたウォンバットの赤ちゃん、危機乗り越え元気になったよ!(オーストラリア)