東京ディズニーリゾートを「マインクラフト」で再現するプロジェクトが、Twitterで注目を集めています。現在はディズニーシーが完成目前。先行して公開されたプロメテウス火山の風景が、本物そっくりだと大好評です。

【その他の画像】

 投稿主のMasaさんが、仲間とともに2016年から取り組んでいるプロジェクト。あまりの完成度に、パークを象徴する画像1枚だけでも「一瞬写真かと」「手前の角張った部分でやっとマイクラと気付いた」「昔家族で行ったときのことを思い出してうるっとした」と感動を呼んでいます。

 プロジェクト用のアカウントTDR再現」では、制作過程や各アトラクションも公開。途方もないスケールと作り込みをじっくりと見られます。

 Masaさんを取材したところ、本格的な制作開始は2017年8月のこと。先に着手したディズニーシーは一部のアトラクション内部を除いてできあがっており、2020年8月には完成予定。2020年5月からはディズニーランドおよびパーク周辺の作業も始まっており、現在は総勢35人で日々制作を進めているそうです。

 制作にあたっては、GoogleEarthを参考に建造物を構築。細かい装飾部分については、YouTube等の映像や、メンバーが各自現地で撮影した写真を元に再現しているそうです。

 作業は補助ツールを一切使わず、1つ1つメンバー手作り。完全再現を目指すうえでは、少々のズレが問題となります。30人以上が分担して作っているため、1つのズレが他のメンバーの作業に干渉することも。「そんなとき、せっかく作ったものをクオリティのために作り直すのは、必要な選択とはいえ複雑な気分になります」と、Masaさんは苦笑まじりに語りました。

 そんなMasaさんがプロジェクトで重視しているのは、参加者同士のコミュニケーションディズニーマイクラを趣味とするメンバーが、ネットを介して楽しく関われるコミュニティを追求しているそうです。

 「そうして年齢や所在に関係なく、盛んに交流する関係の下に、私たちのワールドの芸術性は存在すると思います」と、Masaさん。ワールドは「観光企画」として不定期に解放しているので、体験したい人はプロジェクトアカウントを追ってほしいとのことです。

この掲載サイズだと写真と見間違うクオリティ(画像提供:Masaさん)