スケートボーダーのリアルライフを描いた映画「STAND STRONG」の7月24日(金)公開に向けて、窪塚洋介、小橋賢児ら著名人4人からコメントが届いた。

スケートボーダーのリアルライフを描く

世界最高峰のスケートコンテスト「STREET LEAGUE」の盛り上がりに加え、東京2020オリンピックでの正式種目決定により日本でも急速に盛り上がりを見せるスケートボード

そんなスケートボードに人生を捧げるスケートボーダーたちが主役の本作は、国内外のCMやミュージックビデオなどの演出を手掛ける菊池久志、日本人として初めてアメリカスケートカンパニーフックアップされ世界デビューを果たしたプロスケートボーダー・岡田晋のタッグによって生まれた。

撮影はオールロケで行われ、ストリートカルチャーの中心である東京をはじめ、数々のスケートスポットで撮影。大会シーンは、日本スケートボード協会、ARKLEAGUE、ムラサキスポーツの協力により臨場感あふれるものに。

物語の主人公は、日本のスケートシーンファッションアイコンでもあるリアルケーター・中田海斗(K役)、佐川涼(RYO役)、松本崇(CHEN役)、日高大作レイ(DAISAKU役)の4人。

彼らが織り成す迫力のあるスケートシーンをはじめ、疾走感のあるクールな音楽、ストリートカルチャーを切り取ったリアルシーンと映像美あふれる仮想現実シーンが展開する。

■ 窪塚洋介コメント

温度感が新鮮だった。生き生きしてて良き。

■ 小橋賢児コメント

映画を見ながら、初めてスケボーでオーリーができるようになった、中学生のころを走馬灯のように思い出した。思えば、そこがきっかけになり、スノボーサーフィンにハマり、旅に出るようになった。

僕が今、クリエーティブな仕事をしているのも、思えばあのオーリーから始まったのかもしれない。この映画を見てスケボーを始める少年たちの未来が楽しみだ。

■ N.HOOLYWOODデザイナー・尾花大輔

stand strong、“競技”でやるスケートって明確なんだと思った。楽しむスケートとは真逆なところにあるんだと。この映画の彼らのそれぞれの立ち位置、友情と葛藤はリアルだった。

ただ20歳のときの自分には全くこの環境と状況がなかったから、見て時間がたってからの方が監督が伝えたいことが感慨深く刺さった。

未来に悩んでる若者も、その年齢の息子を持つ親にも見てもらいたい一作。

■ BMX RIDER・田中光太郎コメント

仲間、環境、スポンサー、実力差、SNS、家庭、SKATEBOARDというツールを通じて現代を描いた、素晴らしい内容でした。SKATERじゃなくても、誰にでも当てはまる内容で、すごく入り込める映画でした。

■ FLJ編集長・大野俊也コメント

なぜ日本にはスケーター目線で描かれた、すてきな映画がないんだろうとずっと思っていた。だけど、やっとこういう映画が出てきたんだと思えた。

仲間がいて、みんなスケートを好き過ぎて夢に向かったり、脇道に外れたり…当たり前でいて尊いことが、本当にごく自然に描かれているのが素晴らしい

■ K役:中田海斗コメント

こけても転んでも、何度でも這い上がる! それがスケートボーダー。そんな映画です!

RYO役:佐川涼コメント

どの年齢層も楽しめる映画だと思いました。スケーターもそれ以外の人も、もっとスケートを好きになるきっかけになってくれればうれしいです。

■ CHEN役:松本崇コメント

この映画は表面的なスケーターだけではなく、ストリートカルチャーの中に生きるケーターたちをリアルに表していると思いました。本当のスケーターはどんな世界で生きているのか、ぜひ見て楽しんでもらいたいです。

DAISAKU役:日高大作レイコメント

つけ麺、寝坊して食べられなかったのは事実ですw。

■ Kの父親・篠塚鉄郎役:サイプレス上野コメント

スケートを題材にした全てのことに関われるのは、幸せ以外ないです。その上、ここまで素晴らし過ぎる作品ってのが、マジでアガりまくりました!

触発され過ぎたので、27年間で1回しか出来なかったキックフリップを、この下半期で完全にメークするように板を引っ張り出します!(笑)

■ LIBROコメント

スケートの魅力と、主人公たちの若さがまぶしい一方で、個人的にはサイプレス上野くんの親父ぶりも最高でした。主題歌のMVも制作したいですね~。

CHOZEN LEE(FIRE BALL,THE BANG ATTACK)コメント

この映画は、世界がこうなる前に作られた“今”の物語。あのときに道が分かれて、ある種パラレルワールドの別の現実。そう捉えた。そして物語はすごくリアル

セリフも立ち居振る舞いも演技ではない演技で、日本映画史にもあまりないリアリティーを感じた。何よりSkaterたちの滑りに魅了される。海外とのレベルの差に愕然(がくぜん)としたのはもう昔の話なんだなぁと。

そして、音楽がこの映画の要にもなってるし、あらためてSkateに音楽は必要不可欠と感じた。

Skateの迫力と音楽の威力、劇場でこそ感じられるものがある。日本初のストーリーのあるSkaterたちのリアルな葛藤、友情、人生の物語。ぜひ劇場で!

Bose(スチャダラパー)コメント

登場する全てのスケーターのことを、うらやましく思った。心と体が柔軟で、何回転んでも立ち上がれる若々しさがある。

大きな変化の時代だけど、彼らなら何とか乗り越えていくだろう。この先のストーリーが楽しみだ。

ポチョムキン(餓鬼レンジャー)コメント

どの世界にもある光と影がテーマでもあって、リアルでした。うま過ぎるスケーターを見てるだけでもテンション上がるし、血迷ってスケボー始めようかなって思ったんで、危険な映画です!(笑)

■ 映画「STAND STRONGストーリー

物語は、スケーターの溜まり場(タコス屋)から始まる。「俺たちでさ、スケートチーム作らね!」「名前つけてさ」「THRASHERってあんじゃん」「俺らは世界をぶっ壊す!CRASHERだ!」。4人のたわいもない会話から、CRASHER(クラッシャー)というスケートチームが生まれる。

各地のスケートスポットやイベントに繰り出すCRASHER。勢いある4人の活動はSNSを通じて、スケーターたちの間で徐々に広まっていった。しかし、当たり前のように一緒だった彼らの歯車は、リョウとケイが憧れのスケートブランド「ELEMENT」から勧誘された事をきっかけに脆く崩れ始める。

スポンサーがついたことに最初は一緒に喜んでいた2人だったが、 周囲からの注目が集まっても純粋にスケートと向き合い徐々にチャンスをつかんでいくリョウに対して、ケイは、夜の街へと繰り出すようになる。

父親からの暴力、SNSの炎上、仲間たちからも離れ、ケイは1人暗闇へと追い詰められていく。まるで、光と影のように別々の道へと進んでいくリョウとケイ。世界戦への切符を決める大会が開催される中、それぞれが抱える切なる思いが明らかになっていく。(ザテレビジョン

映画「STAND STRONG」に対して、窪塚洋介、小橋賢児ら著名人4人からコメントが届いた