シス・カンパニーが、9月に新国立劇場・小劇場にて、英国を代表する劇作家ピーターシェーファーの2本の男女3人芝居「わたしの耳」「あなたの目」を連続上演することが分かった。

3月以降、多くの舞台公演が中止や延期を余儀なくされるなか、シス・カンパニー公演が再び始動。新型コロナウイルス感染予防対策をとりながら、オンラインライブ配信も予定しているという。

この度、上演が決まった作品は、1962年に初演し、人気を博した舞台。人間同士の心の距離やその取り方の面白さを対照的な2本の物語に織り込んで、ちょっとくすぐったいような軽やかな笑いとともにお届けするお洒落な物語が展開する。

先に上演されるのは、9月9日(水)開幕の「わたしの耳」。出演は、英国演劇留学からの帰国後初の舞台に挑むウエンツ瑛士、多くの舞台や映像作品でその実力を高く評価されている趣里、お笑いコンビかもめんたる」のメンバーであり、「劇団かもめんたる」で演劇活動も展開している岩崎う大。ロンドンを舞台に男女3人が過ごすある夜の出来事を、マギーの演出で描き出す。

続いて、9月22日(火)から始まる2作目「あなたの目」には、小林聡美、八嶋智人、野間口徹のベテラン勢が登場。物語は、やはりロンドンが舞台。ある女性の行動を探る風変わりな探偵と、その妻の尾行を探偵に依頼した夫の3人が繰り広げる駆け引きを描いた物語。ミア・ファロー主演映画『フォロー・ミー』原作としても知られる本作を、寺十吾の演出でお届けする。

それぞれ1作単独でも成立する戯曲だが、「耳」と「目」両作品を鑑賞することで、男女関係のみならず、人間関係の妙を2倍堪能し、2倍深めることができる楽しい仕掛けとなっている。

わたしの耳」
一般前売開始日:8月23日(日)
9月9日(水)〜9月18日(金)新国立劇場小劇場
作:ピーターシェーファー
上演台本・演出:マギー
出演:ウエンツ瑛士、趣里、岩崎う大(かもめんたる)

「あなたの目」
一般前売開始日:9月6日(日)
9月22日(火)〜10月1日(木)新国立劇場小劇場
作:ピーターシェーファー
上演台本・演出:寺十吾
出演:小林聡美、八嶋智人、野間口徹

両公演ともに、ライブ配信を準備中。公演タイムテーブルライブ配信等の詳細は、決定次第、公演サイトにてお知らせ

シス・カンパニー公演「わたしの耳」、「あなたの目」