2020年7月16日現在、サイドやえり足部分を短くカットするヘアデザイン『ツーブロック』を禁止する校則が、ネット上で話題になっています。

ことの発端は、同年3月に都議会で行われた、一部の都立高校にあるツーブロックを禁止する校則についての質問です。

「なぜツーブロックがだめなのか」という都議会議員の質問に対し、東京都の教育委員長は「外見が原因で事件や事故に遭うケースがある。ツーブロックの禁止は生徒を守るため」と回答しました。

一連のやり取りはネット上で反響を呼び、賛否両論が巻き起こっています。

ツーブロック禁止に『スッキリ』メンバーは…

同月に放送された情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、一連の出来事について特集。

MCを務める加藤浩次さんが、この件について意見を求めると、同番組のコメンテーターたちからは「人に迷惑をかけないのであれば問題ない」「自己責任ではないか」といった声が上がりました。

また、モーリー・ロバートソンさんは「自分はアイパー(ホットパーマ)をかけてボンタン履いて東大に合格した」とひと言で感想を述べ、見た目ではないことを主張します。

さらに出演者の1人である近藤春菜さんは…。

あえて悪く見せるようにやってるんだったら問題ですけど。

そうじゃなくオシャレでやってるんだったらまったく問題ないし、そういう事件・事故を起こす側が問題なので、髪形は関係ないかなと。

スッキリ ーより引用

近藤さんの発言に対し、加藤さんは「僕も関係ないと思う。ちょっとこれに関しては不毛な議論な気がする」とバッサリ。

番組を見た視聴者からは、さまざまなコメントが寄せられています。

・モーリーさんのひと言が圧倒的に強すぎる!

・「事件や事故は起こす側が問題」という春菜さんの正論に、ぐうの音も出ない。

・いろいろな意見があるだろうけど、これに関しては加藤さんのいう通り、不毛な議論だと思う。

ツーブロックに関わらず、髪形などの外見のみに着目し、事故や事件に巻き込まれる可能性を鑑みるのは、現実的とはいえないでしょう。

こういった議論をきっかけに、校則が持つ本来の意味を今一度考える機会にしたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
スッキリ