結婚を夢見るばかりに結婚を美化していませんか? 結婚が決まってラブラブな時期に「離婚」を心配する人はあまりいないかもしれませんが、正しい結婚への意識を持っていないばかりにまさかの「離婚」にいたるなんていうことは誰もが望まないこと。

【的中率93%!? 将来離婚する夫婦の会話パターン4個】

“離婚アドバイザー”からの「結婚前に知っておくべき」7つのアドバイスです。

1.ウェディングドレスが「ゴール」ではない
小さい頃から夢見たウェディングにあこがれ、素晴らしい結婚式をあげることが結婚の目的になってしってませんか? 時間とお金と労力をかければかけるほど、それが「ゴール」のごとく思えてしまいますが、ゴールは、満たされた持続する結婚生活であること再確認。

2.お金をかけるなら結婚式よりハネムーン
式の準備となると1年前から始めるというのが当たり前。「完ぺき」な式の成就のため、投資するものは並なりません。しかし、式はゲストを含んだ外向きのお祝い。ハネムーンは2人だけのためのお祝い儀式。ハネムーンは結婚後の初の旅行であり、その密度は他のこれからの旅行とは別物です。

3.パートナーの嫌いなところは好きなところと同じくらい大事
パーフェクトな人はいません。誰にだって欠点はあります。結婚の後にその欠点が消え去ることはなく、一生付き合っていかなければなりません。成功する結婚のためには、お互いの嫌いなところにフタをせず、正直に向き合うことが大事。自分がなってほしい彼ではなく、そのままの彼を受け入れること。

4.本当の自分を隠さない
ありのままの自分を誰かと分かち合えることは、素晴らしい贈り物。自分の悪い習慣、性格を審判することなく、受け入れてくれる人が本当にあなたを愛してくれている人です。結婚前に自分をさらけ出して相手に知ってもらうことが大事。

5.核となる価値観の共有
私たちは、自分の価値観は誰もが共有しているものと、勘違いしがち。相手も自分がするように考え、行動すると決めてかかることは、大きな誤解を招き、心も傷つけば、裏切られたとも感じるのです。誠実、尊敬、家族、愛情、成功といった核となる価値観をパートナーと共有できているのか確認しておかないと、人生の途上で別れ道を選ぶ結果になりかねません。

6.愛情だけではすべてを乗り越えられない
結婚は簡単なものではありません。出産、マイホームの購入、転職など人生には何度も転機が訪れます。関係にとってプラスとなることもあれば、うまくいっていた関係も思いもよらず危機に陥ることもあります。このような危機は、愛情だけでは解決せず、お互いの並ならぬ努力が必要。正直さと誠実さを持って、相手への期待を話し合い、思い込みもクリアにしておかないと、怒りと恨みを生むことに。

7.離婚は孤独で高くつくもの
収入、資産、友人、家具など結婚で共に築き上げたものは、すべて分けることを意味します。家を売る、もっと働く必要が出てくる、カップルとして付き合っていた友人はいなくなるなど、これまでのライフスタイルも投げ打ち、人生を再スタートすることは年をとるほど大変なことであることを胸に留めておきましょう。


※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

参考: 7 Things You Need to Know BEFORE You Get Married to Avoid Divorce
http://www.yourtango.com/experts/laura-miolla/7-things-you-need-know-you-get-married-avoid-divorce

結婚前に知っておくべき「離婚予防」の7か条「愛だけでは全ては乗り越えられない」