国家主席への就任が決まった2012年当時、西側諸国では、習近平氏とは開明的で、腰が低く、民主主義的思想にも理解のある人物として受け止められていた。しかし、国家主席となってからの言動を見てみると、覇権主義的で、他国に対しても強圧的な態度が目立つ。つい先日は、香港に対し一国二制度を50年間保証していた約束をあっさり反故にしてしまった。なぜ西側諸国は習近平という人物を理解し損ねたのか。彼を理解するうえでカギとなる土地を取材した筆者が、人間・習近平を2回にわたって分析する。(JBperss

JBpressですべての写真や図表を見る

米国のホームステイ先で歓待された習近平

 香港が中国に呑み込まれた。

 事実上、香港から「高度な自治」「一国二制度」を奪い、中国政府が主導で香港の治安維持、取締りをできるようにした「香港国家安全維持法」が先月末に成立、施行された。

 7月1日の香港の返還記念日には、同法に反対する抗議デモが行われると、370人が逮捕され、「香港独立」と書いた旗を持っていたという理由で10人に同法が適用されている。言論の自由も封殺され、香港から自由そのものが消えたと言っても過言ではない。

 米国はこれに対して、香港の優遇措置を取り消すなど、中国への圧力を強化している。

 日本でも自民党が「習主席の国賓訪日について中止を要請せざるをえない」とする決議を取りまとめている。

 1997年に返還されてから、50年は「一国二制度」を維持すると約束されていたはずなのに、習近平国家主席は、諸外国の批判を受けながらも、なぜ、このような措置に踏み切ったのか。

 私はかつて、習近平の生い立ちを巡って旅をした。そこには“毛沢東の再来”とも呼ばれて登場した中国の指導者を知る上で、ふたつの重要な場所がある。そのひとつが米国本土にあった。そこで彼の「自由」に対する考え方を知ることができる。

 米国の中西部、それも穀倉地帯の中心にあたるアイオワ州。この州境を流れるミシシッピ川の畔の小さな街。そこの子ども部屋に習近平ホームステイした経験を持つ。

 マスカティン(Muscatine)という人口2万2000人ほどのその街に習近平がやって来たのは、1985年、彼が31歳の時だった。まだ河北省正定県の書記だった彼は、地元のトウモロコシ視察団の随行幹部として、アイオワ州を訪れている。

「その話を耳にして、マスカティンにお招きできないか、働きかけて実現したの」

 ホストファミリーのひとり、サラ・ランディSarah Randy)が話してくれた。その数年前に彼女は友人と中国を旅行して「中国がとても気に入った」というのが理由だった。

「とても礼儀正しく、好奇心が強くて、なんにでも興味を示す青年だったわ! それに、明るくて、笑顔が絶えなかった」

 当時の習近平の印象を興奮気味に語る。それもそのはずで、私が当地を訪れたのは2014年のことだった。国家主席に就任してまだ日も浅い頃で、その2年前には就任前の顔見せのため、首都ワシントンで当時のオバマ大統領バイデン大統領ら要人と会談したあと、このホームステイ先を再訪している。地元は大騒ぎになったことは言うまでもない。

「ここに来ると家に戻った気分だ。みなさんは私が会った最初の米国人であり、私にとって米国そのものだ」

 習近平は、集まった人々を前にそう語ったという。

 その家は、2階建て煉瓦張りの綺麗な一軒家だった。道路に面して芝生が張られ、その奥に白い大きな玄関ドアが建物中央にある。そのドアに向かって左側2階の角、『スタートレック』のおもちゃが並ぶ子ども部屋に将来の国家主席は宿泊したという。

「ミシシッピ川を一度は見てみたかった」

 この街に来たのは4人。通訳と彼が子ども部屋に泊まって、あとの2人はほかの家に泊まった。行動はいつも4人いっしょで、大小の農場を廻って、ボートに乗ったり、家庭料理を食べたり、子どもたちと過ごしたり、映画を観にいったりして過ごしていた。

 ポットラックパーティーも開いた。ポットラックパーティーとは、参加者が料理を持ち寄る食事会のことだ。

「彼は、こういうことは中国にはない、といってとても楽しんでいた」

 その話ぶりからしても、若かりし国家主席は子ども部屋の滞在をなにより満喫していたことが覗える。

 そして、そのあとのことだった。かつてのホストファミリーのひと言が、私を驚愕させたのは。

「それに彼はこう言っていたわ。『マーク・トウェインの小説を読んで、それに憧れて、ミシシッピ川を一度は見てみたかった』ってね」

 その小説のタイトルを、すぐさま訊ねてみたが、彼女は「わからない」と答えた。それでも、マーク・トウェインとミシシッピ川を結ぶものといえば、彼の代表作がすぐに脳裏に浮かぶ。

『トム・ソーヤーの冒険』だ。それに、その続編の『ハックルベリイ・フィンの冒険』は、いうなれば「自由」がテーマの米国を代表する文学作品だ。その世界に憧れていたという国家主席。

 ホームステイ先の小さな街には、「ハインツ(Heinz)」の工場があった。ケチャップの流通、販売で世界一を誇る米国の食品メーカーだ。そこにも興味を示して、見学に行っていたという。穀倉地帯に暮らしながら、あらためて米国の豊かさを実感したはずだ。

 それを裏付けるように、国家主席就任を前に再びホームステイ先を訪れた習近平は、アイオワ州滞在中に約43億ドルの大豆の買い付け契約を、随行してきた中国の取引業者と結ばせている。43億ドルといえば、日本の輸入額の2年分だ。ここから、中国の大豆をはじめとした農産品輸入の米国依存が本格的にはじまる。米国で生産される大豆の6割は中国に輸出されるようになった。その舵を切ったのも習近平だ。米中貿易戦争の今年1月の「第1段階の合意」では、中国が農産品を買い付けることも約束されている。

 本当の習近平は米国が大好きなのではないか――。そう思わせるエピソードの積み重ねだ。娘の習明沢もハーバード大学を卒業している。「自由」というものにも憧れていてもおかしくはない。開明的な指導者になるのではないか、という見方が世界に広まった。

 だが現在、習近平は香港からその「自由」を奪い、中国共産党の紅い色に染めようとしている。

 そこでもうひとつの疑問が浮かぶ。ホストファミリーの言葉を聞いて、ほどなくしてからも考えたことだ。

 習近平は、本当にマーク・トウェインの小説を読んだのか。読んだとしたら、いつだ?

マーク・トウェインのエピソードはリップサービスだったのか

 そもそも、トム・ソーヤーたちが暮らすセントピーターズバーグという架空の村は、アイオワ州よりもっと南に下ったミズーリ州の河岸にある設定だ。場所が違い過ぎる。

 ただしマスカティンには「マーク・トウェイン・オーバールック(Mark Twain Overlook)」という観光スポットがある。ミシシッピ川流域の街を転々としていた彼が「Life on the Mississippi」という出版物の中で、「マスカティンの夏の夕陽をよく覚えている。どこの海の夕陽よりも美しい」と書いたことに由来する。あるいは、この本を読んで「ミシシッピ川を見てみたかった」のか。だが、そんなマニアックな本が中国語に訳されているだろうか。通訳と子ども部屋にいたというのだから、原書に触れることも難しいはずだ。

 小説など、実は読んではいない。情報と知識だけを集めた。そこから出てきたあの言葉は、ホストファミリーへのリップサービスだった。だとしても、笑顔の下で平気で嘘をついていたことになる。現在の政治手法の片鱗を窺わせる。

 いや、小説を中国語訳で読んだと彼の言葉を信じよう。あえて嘘をつく理由もない。そうすると、彼が米国文学に慣れ親しむことができたのは、9歳までの幼年期のはずだ。そこでトム・ソーヤーに憧れる。しかし、憧れは永遠に憧れでしかなかった。ハックルベリイのように、偉大な父親とも言うべき毛沢東の呪縛から逃れることはできなかった。それを示すそのもうひとつの場所は、中国内地の洞窟にある。

(後編はこちら)下放時代の習近平、洞穴暮らしで心に刻んだこと
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61342

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  下放時代の習近平、洞穴暮らしで心に刻んだこと

[関連記事]

日本の次期駐中国大使内定報道に北京がザワつく理由

洪水被害が広がる中国、三峡ダムは果たして持つのか

アイオワ州ベルビューでのミシシッピ川。マスカティンは同じアイオワ州だが、もう少し下流にあたる。