2020年7月16日は将棋史に永遠に刻まれる日付となるだろう。藤井聡太七段が第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第4局で渡辺明棋聖を破り、自身初の八大タイトルを獲得した。

 17歳11ヶ月でのタイトル獲得は、これまでの最年少記録だった屋敷伸之九段18歳6ヶ月を30年ぶりに上回る、史上最年少でのタイトル獲得となった。

「しっかりした将棋をお見せしなければ」

 終局後の記者会見で今の気持ちを問われ、

「獲得についてはまだ、あまり実感がないのですが、とてもうれしく思っています。また、これからタイトルホルダーとして、しっかりした将棋をお見せしなければという思いもあります」

 と新棋聖は語った。

 そして渡辺は、今回のシリーズについて自身のブログで以下のように振り返っている。

〈第1局は▲13角成から一気にスピードアップで「えっ、それで寄ってるの」とか思ってる間に負け、第2局は△31銀で手がありません、と。今回は中盤でピタッと追走されて△86桂で抜き去られる。と、負け方がどれも想像を超えてるので、もうなんなんだろうね、という感じです〉

藤井がピタッと追走している間に……

 渡辺と同時に四段昇段を果たし、その後も研究会を共にするなど、付き合いの長い飯島栄治七段は以下のように言う。

「第2局と同じ形を指したのは、その負け方に納得がいっていなかったからじゃないですか」

 果たして、渡辺が改良手を用意しており、そして局面をリードする。だが、中盤の▲9五歩という手に対して筆者は違和感を持った。手の善悪というより渡辺らしくないと思ったのだ。代えて▲3四桂と金桂交換をする順があった。はっきりとした実利を得てからの体力勝ちというのが渡辺将棋の勝ちパターンである。飯島七段によると控室の検討でも、▲3四桂のほうがよかったとされていたそうだ。

 実戦の▲9五歩というのは、相手の攻め駒に働きかける順で、以下の進行でもその攻め駒を消すことには成功している。ただその瞬間に思わしい順がなかったのが渡辺の誤算だった。藤井がピタッと追走している間に、渡辺の力を発揮しにくい局面へ誘導したのではないかというのが本局に対する印象だ。

初出場の番勝負でタイトル獲得に成功したのは……

 藤井新棋聖は将棋史上において、45人目となるタイトル保持者となるが、過去のタイトル経験者で初出場の番勝負でタイトル獲得に成功したのは14名しかいない。順に名前を挙げると木村義雄十四世名人、塚田正夫名誉十段、谷川浩司九段、高橋道雄九段、福崎文吾九段、塚田泰明九段、田中寅彦九段、島朗九段、羽生善治九段、藤井猛九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、菅井竜也八段、高見泰地七段となる。

 大山康晴十五世名人や中原誠十六世名人などの大棋士も、初挑戦でのタイトル獲得はなしえなかった。慣れない大舞台で普段通りの力を発揮することがどれだけ難しいか、想像もつかない。

タイトル奪取の歴代年少記録

 そしてタイトル奪取の歴代年少記録は以下の通りである(※防衛に関しては含めていない)。

藤井聡太 17歳11ヶ月 第91期ヒューリック杯棋聖戦 2020年7月16日
屋敷伸之 18歳6ヶ月 第56期棋聖戦 1990年8月1日
羽生善治 19歳3ヶ月 第2期竜王戦 1989年12月27日
羽生善治 20歳5ヶ月 第16期棋王戦 1991年3月18日
渡辺明  20歳8ヶ月 第17期竜王戦 2004年12月28日
中原誠  20歳10ヶ月 第12期棋聖戦 1968年7月19日
谷川浩司 21歳2ヶ月 第41期名人戦 1983年6月15日
郷田真隆 21歳5ヶ月 第33期王位戦 1992年9月9日
羽生善治 21歳11ヶ月 第40期王座戦 1992年9月22日
羽生善治 22歳3ヵ月 第5期竜王戦 1993年1月6日
三浦弘行 22歳5ヶ月 第67期棋聖戦 1996年7月30日
羽生善治 22歳9ヵ月 第62期棋聖戦 1993年7月19日
羽生善治 22歳10ヵ月 第34期王位戦 1993年8月18日
塚田泰明 22歳11ヶ月 第35期王座戦 1987年10月21日
中原誠 23歳3ヵ月 第9期十段戦 1970年12月11日
中村修 23歳4ヶ月 第35期王将戦 1986年3月14日
中原誠 23歳4ヶ月 第17期棋聖戦 1971年1月12日
高橋道雄 23歳5ヶ月 第24期王位戦 1983年9月27日
広瀬章人 23歳7ヵ月 第51期王位戦 2010年9月2日
羽生善治 23歳8ヵ月 第52期名人戦 1994年6月7日

 多士済々のライバルをなぎ倒して挑戦権を獲得し、さらに時のタイトル保持者を番勝負で負かすことがどれほど大変なことかは説明するまでもない。そんな偉業を17歳の若者がやってのけたのだ。

17歳というのは、まだプロを目指して苦闘している時期

 ちなみに、現役棋士169名のうち、「18歳未満で四段昇段を果たした」棋士が何人いるかと数えると26名。よほどの存在でない限り棋士の17歳というのは、まだプロを目指して奨励会で苦闘している時期なのである。昭和時代における最年少タイトル保持者だった中原十六世名人にしても、四段になったのは18歳をわずかに過ぎての時だった。

 その中原は初タイトル獲得後の心境について、以下のように語っている。

タイトル保持者になった時、棋聖らしい将棋を指さなければいけないのかなと考えて、2ヶ月くらい変だった。意識しすぎて自分らしい将棋を指せなかったが、そんなことを考えている場合ではないと気づいた。大体、棋聖らしい将棋なんてものはなく、自分の将棋を指すしかないのである」

 中原の初タイトル奪取から2ヵ月間の成績を切り取ってみると4勝3敗。奪取を果たした1968年度の年度初めから奪取に至るまでの成績が16勝4敗だから、数字としては確かに落ちている。だが、そのあとは23勝5敗と勝ちまくって年度を終えた。1968年度の通年成績は43勝12敗の0.782である。以降の中原の実績については、改めて触れる必要がないほど輝かしいものだ。

「今回得た物がいろいろあります」

 タイトルを獲ってから、環境に慣れるまでの期間というのは確かに影響を及ぼすようで、羽生九段にしても初タイトルの竜王を取った1989年度の年間成績は53勝17敗と勝率が7割5分を越しているが、竜王奪取からの2ヵ月は6勝4敗とペースが落ちている。

 もっとも、初タイトルの竜王獲得後の2ヵ月間で7勝1敗とさらに大爆発した渡辺のような棋士もいるが。竜王奪取からひと月ほどたって行われた就位式での「渡辺明らしい将棋を指すしかない」という、当時の日本将棋連盟会長を務めていた中原十六世名人の激励が伝わったのだろうか。

 今回の藤井はどうだろう。環境に変化がないとは言えないが、タイトル獲得前から常に報道陣に囲まれていたような棋士は過去にいなかった。そういう意味では影響はさほどなさそうである。そして、同時並行で行われている王位戦七番勝負の存在も大きい。まずはこちらに集中できるだろうし、周囲もそのような環境を作ると想像できるからである。

「今回得た物がいろいろあります。実力を高めて、成長につなげられるようにしたい。結果としてさらなる活躍ができればと思います」と語った新棋聖が、これからどのような戦いを見せるか注目していきたい。

(相崎 修司)

史上初の17歳でのタイトルホルダーとなった藤井聡太新棋聖 代表撮影