【明治安田生命J1リーグ第5節】
2020年7月18日(土)
18:00キックオフ
鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス
[県立カシマサッカースタジアム]

◆威信を取り戻すきっかけになるか【鹿島アントラーズ

鹿島の今季は勝利が遠いものになっている。Jクラブ最多20個のタイトルホルダーだが、前節の浦和レッズ戦も敗れ、クラブワーストの開幕4連敗で、得点も第2節の川崎フロンターレ戦で記録したオウンゴールから1点のみ。再開後3試合で5失点の守備面もしかりだが、ゴールがなければ勝利もないスポーツだけに、攻撃の精度向上が求められるところだ。

結果がついてこない状況だと、どうしてもマインドが後ろ向きになりがちだが、今節は今季のJ1開幕から初となる本拠地での有観客試合。まだまだ制限付きの有観客とだけあって、普段通りの応援を受けられないが、サポーターの存在が選手のパワーになるのは間違いない。その今節の相手は昨季王者。乗り越えることができれば、間違いなく自信がつく相手だ。

そんな不足のない相手に対して、ザーゴ監督はどういうメンバーで、どういう対策を講じて挑んでいくのか。1週間の準備期間もあっただけに、悩みどころの2トップの組み合わせも気になるところだ。常勝軍団の威信を取り戻すきっかけを掴めるか。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:クォン・スンテ
DF:広瀬陸斗、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也
MF:遠藤康、三竿健斗、レオ・シルバ、和泉竜司
FW:伊藤翔ファンアラー
監督:ザーゴ

◆逆転負けの前節を払拭できるか【横浜F・マリノス

横浜F・マリノスは前節のFC東京戦を1-3の黒星。J1通算100試合出場のメモリアルゲームだった遠藤渓太のゴールで幸先良く先制したが、細かなミスも散見され、セットプレーカウンターから失点を重ねてしまい、再開後初黒星となる逆転負けを喫した。これで開幕4試合は1勝1分け2敗。揃わない選手個々のコンディションなどの影響もあるが、良い形でスタートを切れなかった。

しかしながら、今季のここまでシーズンの大幅遅延で生じた過密日程も加味して、ポステコグルー監督は選手の入れ替えにかなり積極的。連覇を狙うのであれば、上位との差があまりない今のうちに立て直しを図りたいところだが、今オフシーズンに手にした昨季以上の選手層を生かして様々な顔ぶれ、セットを使っており、今節も先発陣の変更がありそうだ。

今節のポイントセンターFWの人選。そして、昨季の得点王ながら無得点が続く仲川輝人の状態だ。これまでセンターFWとしてエジガル・ジュニオやオナイウ阿道を使ってきたが、得点は後者が第3節の湘南ベルマーレ戦で挙げた1点のみ。得点源が定まれば、チームとしても勢い付きやすいだけに、早いうちに固めたいところだ。逆転負けの前節を払拭できるか。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:梶川裕嗣
DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン
MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏
FW:仲川輝人、オナイウ阿道、遠藤渓太
監督アンジェ・ポステコグルー

サムネイル画像