スイートハート・グリップ

拳銃のグリップに恋人の写真 image by:u/bigmeat

 戦場に向かう兵士たちは、自分の装備品にはっきり自分のものだとわかるようにな工夫を施していた。

 16トン爆撃機の鼻づらに芸術的な模様を入れたり、食器やライフルの台尻に自分のイニシャルを刻んだりしたそれらの装飾品は、「トレンチ(塹壕)アート」と呼ばれ、第一次大戦以降、こうした戦場アートはよく見かけるようになった。

 第二次世界大戦を戦うアメリカ軍兵士たちの間で流行したトレンチアートの中に「スイートハートグリップ」と呼ばれるものがある。自分の拳銃のグリップを細工して、そこに恋人、あるいはピンナップガールの写真を忍ばせたのだ。

―あわせて読みたい―

1000年でこんなに変化した。兵士の装備品の歴史(11世紀から20世紀)
戦場で激戦を繰り広げていた敵軍が、この日だけは友となる。奇跡のクリスマス休戦が映像となって再び蘇る。
第一次世界大戦中のフランス軍兵士たちの日常をカラー化した歴史的写真
アメリカ陸軍兵士も取り入れている「2分で眠りに落ちる」テクニックとは
戦場にいる兵士のために空から届けられた特別仕様の戦場ピアノ(アメリカ)

トレンチアートの歴史

 トレンチ(塹壕)アートの起源は、ナポレオン戦争時代からと言われている。イギリス軍の廃船に閉じこまれたフランス軍兵士10万人の捕虜たちは、10年に及ぶ監禁生活の中で、配給されるものの利用して様々な物を作り、それらを物々交換していたという。

 盛んになったのは第一次世界大戦のときだ。4年にわたる塹壕戦となった西部戦線時、塹壕で過ごす兵士たちの間で、暇つぶしとして、手元にあるものを利用して様々な物が作られていった。

 薬莢や使えなくなったナイフドッグタグなどの金属片を利用し、エンブレムや文字などを彫って細工したり、小皿やサイコロレターナイフやペンなど、実用的なものを作り上げた。

 第二次世界大戦時には「トレンチアート」という言葉は、兵士、あるいは捕虜や市民たちによって作られたお土産品や記念品のことを示す言葉として使われるようになった。

000_e


第二次世界大戦中、米軍が考案した「スイートハート・グリップ」


 カメラが発明されて以来、兵士たちは自分の愛する人の大切な写真をしのばせるようになった。恋人がいない場合は、たいていピンナップガールの写真だった。

 ヘルメットの下、ポケットの中、シガレットケース、聖書など、大切な人の面影を常に身近にキープしておく方法はさまざまだったが、第二次大戦中、アメリカ軍の兵士たちが透明なプラスチックのプレキシガラス(アクリル樹脂)のユニークな使い方を考案した。

 これは1928年に、ウィリアムチャルマーズオットー・ローム、ワルター・バウアーといった化学者たちによって、複数の研究所で開発された素材で、ローム&ハース社が「プレキシガラス」の名前で商標を取り1933年に市場で売り出したものだ。

 これは画期的な発明品で、第二次大戦中に重宝され、とくに戦闘機の窓に使われた。軽量で柔軟性もあったため、車両の窓、軍用機の両サイドの窓、操縦席の上の円蓋、砲塔、航空機全般の窓部など、ガラスが必要な場所によく利用された。

 兵士たちは、墜落した戦闘機のプレキシガラスを使って、自分のコルトM1911グリップを改造した。

 もともとあった木のグリップを取り外し、自作の透明グリップに付け替えたのだ。このとき、ピンナップガールの写真を下にはさむこともあり、これらは「スイートハートグリップ(恋人グリップ)」として知られるようになる。


USGI Colt 1911 Sweetheart Grips

 右側に恋人の写真を入れ、左側にはなにも入れない場合もあった。こうすると、右利きの兵士が脇から弾倉を見て、あと何発残っているかを把握することができる。

写真に残されたスイートハート・グリップ

 スイートハートグリップは、第二次大戦の歴史の中でも興味深いものだ。大量のコレクションがあるわけでもなく、ほとんどの人はこのようなグリップがあることを知らない。

2_e3

祖父が持っていたコルト1911には、グリップのところに祖母の写真がつけられている(一番左)。ルガーのグリップは、戦闘機ガラスと同じ素材のもので作られていて、ナチの兵士から取り上げたものだという。ジャネットという名の女性は誰なのかわからないが、きっと、その兵士の妻なのだろう。

3_e2

 上の写真のグリップにまつわる話はこうだ。戦争から帰って来たジェームズ・L・モリスは、愛用の銃を生涯手元に置いていた。

 透明のプラスチックがついたグリップには、恋人ヴェルマの写真をずっとしのばせていた。戦後はヴェルマと新たな結婚生活を始め、戦争の遺物であるこの銃は、二度と戦争など起こらないで欲しいと彼が望んだ時代の古い思い出としてしまいこまれた。

 ジェームズヴェルマは幸せな人生を送り、その息子は成長して米海軍に入った。2005年ヴェルマが亡くなり、2007年9月にはジェームズも後を追った。このピストルは、息子のジムに引き継がれた。

 ところが、10月、モリス家は強盗に入られ、この貴重なM1911A1を含む3挺の銃が盗まれた。「ぼくにとって、あれほど感情的に大切なものはほかになかった」ジムは言った。「あの銃は、ぼくにとってすべてだったのに」

0000

1944年イタリア戦線でドイツの要塞部隊攻撃に従事した米軍第88歩兵師団のリーダージョン・エルンサー中尉(26)の銃。よく見ると、ガールフレンドの写真をグリップにつけている

Nambu (1)-L_e
第二次大戦中、南太平洋衛生兵として従事していた父は、日本の8ミリ口径の十四年式ナンブ銃を持ち帰った。グリップに恋人の古い写真を入れていた。

1
米海軍の対潜哨戒機のパイロットが持っていた1918年製コルトプラスチックグリップに作り替えられている。穴を通して、弾倉に残された弾丸の数を確認できるようになっている
 
2
ワルサーモデル9のグリップの写真

 ちなみに、2014年の映画『フューリー』では、ブラッド・ピットが演じるウォーダディーが持っているスミス&ウェッソンM1917のグリップに女性の写真が見える。

フューリーのスイートハート・グリップ

References:thevintagenews written by konohazuku / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52292775.html
 

こちらもオススメ!

―歴史・文化についての記事―

男女9人が不可解な死を遂げた「ディアトロフ峠事件」の謎、60年越しについに解明
ニコラ・テスラは100年前、地震発生装置を開発していた。
自然のいたずらか?人工物か?カナダ、リークス島の人面岩の謎
メキシコの水中洞窟で1万2000年前の鉱山が発見される(ユカタン半島)
100年前の東京の人々の暮らしがカラー映像で鮮明によみがえる(大正時代)

―知るの紹介記事―

ヒト染色体の塩基配列の解読が完了。ヒトゲノム全体の完全解読も射程圏内(米研究)
スーパーで買ったブロッコリーに7匹の芋虫を発見した男性、ペットとして育てて蝶にする(イギリス)※芋虫出演中
男女9人が不可解な死を遂げた「ディアトロフ峠事件」の謎、60年越しについに解明
恋人探して600キロ。全米を旅する熊のブルーノの物語(アメリカ)
永久凍土に埋まっていた3万2000年前の植物を蘇らせることに成功。その秘密を探る研究が始まる
第二次世界大戦時代、米兵士の間で流行した拳銃のグリップに恋人の写真を忍ばせる「スイートハート・グリップ」