嵐が7月18日放送の「音楽の日2020」(昼2:00-夜11:18、TBS系)に出演。約9時間半にも及ぶ生放送のトリを飾った。

【写真を見る】「Love so sweet」を参加者と一緒にバーチャルで合唱するプロジェクトが7月18日よりスタートした嵐

2011年に「音楽の力で日本を元気に!」という願いを込めて始まった音楽の日中居正広安住紳一郎アナが10年連続となる総合司会を務め、今年は「日本の元気!」をテーマにさまざまなアーティストたちが熱いパフォーマンスを繰り広げた。

■ 「瞬間瞬間できることを最大限…」

2020年12月31日(木)をもって活動休止を予定している嵐。中居から「2020年をもって活動をちょっとお休みしますと発表して残すところあと半年。早いですよね」と言われると、櫻井翔は「早いですよね。多くの皆さんと同じでもどかしい思いは多々あるんですけど、瞬間瞬間できることを最大限、精一杯やっていきたいと思っているところです」と答えた。

相葉雅紀は「コロナウイルスで苦しむ人とか悲しむ人がひとりでもいなくなって安全にみんなが暮らせるように」と現在の心境を話した。

また、中居が、たくさんのアーティストが歌うのを見て「ひさしぶりに歌ってみようかって思っちゃったんですよ」と言い、大野が「お前は歌うな」という、愛ある“下剋上”コントも披露されていた。

■ 「2020年、嵐、引き続き音楽を届けて参ります!」

パフォーマンスでは、「ハダシの未来」(2003年リリース)、「PICANCHI DOUBLE」(2004年リリース)、最新曲「カイト」のスペシャルメドレーを披露。「PICANCHI DOUBLE」イントロが流れると、櫻井は「懐かしい曲が続きますけど、知らない方もお付き合いください」と言い、続けて「音楽の力で日本を元気に。2020年、嵐、引き続き音楽を届けて参ります!」と呼びかけた。

そんなパフォーマンスを終えた嵐に中居は「濃密な日々をお送りください」と言葉を送った。

SNSでは、「ハダシの未来、ピカダブ(PICANCHI DOUBLE)を地上波で聞けるなんて…」「涙出た」「セトリまじで神」「ピカダブの歌詞が今の自分の気持ちと同じで聞いてて泣きそうになった」「やっぱ嵐、いい。5人がそこにいて歌ってくれると元気出る」「最高のステージでした!」などの声が上がり「ピカダブ」「ハダシの未来」がトレンド入りを果たしていた。(ザテレビジョン

嵐が「音楽の日2020」のトリを飾った