女優の二階堂ふみ9月25日公開予定の劇場版アニメアダムス・ファミリー』で、日本語吹き替えに初挑戦することが発表された。二階堂は本作で、ウェンズデー役を務める。

【写真】映画『アダムス・ファミリー』日本語吹き替え版声優陣&ビジュアル

 漫画家チャールズアダムスが、1930年代に雑誌に描いた一コマ漫画としてスタートした『アダムス・ファミリー』。そのヒネくれたユーモアセンスユニークキャラクターが人気を博し、60年代にはテレビシリーズアニメシリーズが作られ、91年と93年には長編映画として実写化され世界的大ヒットを記録した。

 そんなアメリカで長年に渡って愛され続けてきた『アダムス・ファミリー』が、このたび初の劇場版アニメとして公開される。日本語吹き替えには杏、生瀬勝久ロバート秋山、LiLiCo、井上翔太の出演が発表されていた。

 本作で二階堂が演じるのはアダムス家の長女・ウェンズデー。自他ともに認める『アダムス・ファミリー』の大ファンだという二階堂は「とにかく嬉しい気持ちでいっぱいです」と喜びをにじませると「『アダムス・ファミリー』は、小さい頃から繰り返し観てきた作品で、子ども心にワクワクして、触れたことのない文化に衝撃を受けましたし、現在の私の“好きなもの”を形作り、導いてくれたような映画です」とコメント

 さらに作品について二階堂は「青白い女の子無表情で過激なことをしていくというところにも惹かれるのですが、『アダムス・ファミリー』は年齢を重ねていくごとに様々な見え方を示してくれるところも魅力だと思います」と語っている。

 映画『アダムス・ファミリー』は9月25日より全国公開。

二階堂ふみ、 『アダムス・ファミリー』ウェンズデー役で吹き替え初挑戦 (C)2020 Metro‐Goldwyn‐Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved. The Addams Family (TM)Tee and Charles Addams Foundation. All Rights Reserved.