【明治安田生命J1リーグ第6節】
2020年7月22日(水)
19:00キックオフ
横浜F・マリノス vs 横浜FC
[日産スタジアム]

◆避けたい3連敗、術中にハメられるか【横浜F・マリノス

前節は開幕から4連敗中の鹿島アントラーズを相手にしたものの、打ち合いの末に4-2で敗戦。FC東京戦(1-3●)に続いて多くの失点を喫して連敗となった。

アンジェ・ポステコグルー監督就任後、攻撃に比重を置いたサッカーに転換し、昨シーズンリーグ制覇を達成。しかし、その攻撃を支える守備も安定を見せた結果がリーグ優勝だった。

攻撃と守備は表裏一体であり、この2試合の失点シーンは攻撃時のミスが発端となっていることが多い。ポジションを変え、流動的に動くことで攻撃のバリエーションを作ってきた横浜FMとしては、精度が上がらないことが結果に影響するということを感じた2試合だったに違いない。また、高い位置を取るサイドバックの裏、特に逆サイドへの展開からカウンターを受ける展開は気をつけたい。

13年ぶりの対戦となる横浜FCは、ポゼッションサッカーを標榜。結果にはまだ表れていないが、サッカーの質という点では中断期間明けから一段上がった印象だ。術中にハマらず、術中にハメることができるかが勝負の分かれ目だろう。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:梶川裕嗣
DF:小池龍太、伊藤槙人、畠中槙之輔、ティーラトン
MF:喜田拓也、天野純、扇原貴宏
FW:仲川輝人、オナイウ阿道、遠藤渓太
監督アンジェ・ポステコグルー

◆ポゼッションとカウンターの融合がカギ【横浜FC

前節は川崎フロンターレ相手に1-5と大敗。ポゼッションサッカーの先輩にコテンパンにやられた結果となってしまった。

しかし、試合内容が悪かった訳ではない。GKからスタートするビルドアップに果敢にチャレンジし、相手を圧倒する時間帯さえあったほど。しかし、川崎Fがギアを上げた残り15分で、2つのPKを含めて4失点。90分を戦い切るという課題が見つかった。

13年前、日産スタジアムでのダービーでは8-1という衝撃のスコアで敗れている。その思いを晴らしたい気持ちはあるはず。真っ向勝負でも立ち向かえるだけの策は準備されているだろう。

ポゼッションをしながら突きたいポイントは、やはりサイドバックの裏にできる広大なスペース。両ウイングバックと、快速自慢のFW斉藤光毅がカギとなりそうだ。前節の鹿島を参考にカウンターとポゼッションを使い分ければ、13年前の屈辱を晴らす結果になるだろう。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:南雄太
DF:星キョーワァン、田代真一、小林友希
MF:マギーニョ、佐藤謙介、松尾佑介
MF:松浦拓弥、瀬古樹
FW:一美和成、斉藤光毅
監督:下平隆宏

サムネイル画像