ラッパーR-指定とターンテーブリストであり、トラックメイカーとして活躍するDJ松永による、1MC 1DJのHIPHOPユニットCreepy Nuts。

約1年ぶりのミニアルバム「かつて天才だった俺たちへ」の収録内容とアルバムジャケット写真、さらに2月に行われた番組イベント「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0 『THE LIVE 2020』 ~改編突破 行くぜ HIP HOPPER~」のDVDジャケット写真が公開された。

タイトルトラックであり、帝京平成大学TV-CMソングとして書き下ろされた「かつて天才だった俺たちへ」は、元来一人一人が備え持っている可能性についてエールを込めて歌い上げられ、10代20代に対してだけではなく、全ての世代に対しての人生賛歌ともいえる内容だ。

お互いのレギュラーラジオ番組での交流がきっかけで誕生した菅田将暉との熱いコラボレート楽曲「サントラ」、テレビ東京系ドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」オープニングテーマの「オトナ」、ザ・ハイロウズの名曲をカバーした「日曜日よりの使者」、その他新録曲を含む全7曲を収録。

日曜日よりの使者」にはVIVA LA ROCK 2018でスペシャルセッションをしたVIVA LA J-ROCK ANTHEMSの亀田誠治(B)、ピエール中野(Dr/凛として時雨)、加藤隆志(G/東京スカパラダイスオーケストラ)、津野米咲(G&Key赤い公園)という豪華ミュージシャンが再集結し、そしてさらにここでも菅田将暉ボーカルとして参加している。

アルバムの仕様も前作同様、ライブDVD盤、ラジオ盤の2タイプあり、ライブDVD盤には2019年12月 新木場スタジオコーストにて行われたCreepy Nuts ワンマンツアー2019「よふかしのうた」の模様をダイジェスト収録。ラジオ盤には、ラジオ番組の様に楽曲を挟み込むように2人のトークが加えられた彼ららしいアイデア溢れる構成となっている。

また同日に発売される2月に行われた自身のレギュラーラジオ番組初イベントの模様を収めたDVDは、2,000席のキャパに2万以上の応募があったプレミアムイベントを収録。大変な盛り上がを見せたイベントの模様だけでなく、2人が本編映像を観ながら振り返る副音声、またDisc2には当日の舞台裏を収めたドキュメントも収録された充実の内容となっている。

初回生産分には、当日販売され開演前に完売した「カードスタイルMCバトル」の新カード2種のうち1枚が封入され、ラジオファンには嬉しいアイテムとなるであろう。

Creepy Nuts、ミニアルバム「かつて天才だった俺たちへ」全7曲の収録内容&アルバムジャケット写真を解禁