最近は“パッケージ版限定販売”というケースより、“ダウンロード版限定販売”のゲームソフトも珍しくありません。
中でもPlayStation StoreMy Nintendo Storeでは頻繁にセールがおこなわれており、セール情報が出たら・・・セールが終わりそうになったら・・・すぐにゲームを買いたい!というシーンも多いと思います。

しかしオンライン決済のため、現金での支払いができずクレジットカードがない人は購入を見送るケースもあります。
コンビニプリペイドカードを購入してオンライン決済というのもできなくはないですが、近所にコンビニがない場合は結構な労力です。
クレジットカードがあればそんな事態にはなりませんが、クレジットカード18歳以上にならないと作れず、もちろんカード発行には審査があります。

そこで今回ゲーマーなら必須のクレジットカードと同等の機能を持つ国際ブランドデビットカードを紹介したいと思います!

各プラットフォームの決済方法

ゲームプラットフォーム

デビットカードの紹介の前に、まず各プラットフォームの決済方法をまとめてみたいと思います。

ラットフォー クレジットカード PayPal 携帯キャリア決済 プリペイドカード
PS Store Visa
Mastercard
JCB
American Express
・Diners Club
PayPal対応 docomo
・au
SoftBank
コンビニエンスストア
ドラッグストア
家電量販店
etc
My Nintendo Store Visa
Mastercard
JCB
PayPal対応 非対応 コンビニエンスストア
家電量販店
etc
Microsoft Store Visa
Mastercard
JCB
American Express
PayPal対応 非対応 コンビニエンスストア
家電量販店
etc
Steam Visa
Mastercard
JCB
PayPal対応 非対応 ・主要コンビニエンスストア
家電量販店
etc
Epic Games Store Visa
Mastercard
American Express
Discover
非対応 非対応 非対応
Google Play Visa
Mastercard
JCB
American Express
PayPal対応 docomo
・au
SoftBank
Rakuten
Mineo
・主要コンビニエンスストア
家電量販店
etc
App Store Visa
Mastercard
JCB
American Express
・Diners Club
非対応 docomo
・au
SoftBank
・主要コンビニエンスストア
家電量販店
ドラッグストア
etc

主要プラットフォームでは以上のようになっています。ご覧の通りクレジットカード決済はどのプラットフォームでも利用可能です。
中でもVisaMastercardは全部のプラットフォームで利用可能なので、VisaMastercardを持っていれば、全部のプラットフォームで利用できるという事です。

携帯電話会社が提供しているキャリア決済も後で携帯電話の利用料と合算して請求されるので、便利ですが対応しているプラットフォームが少ないのと、格安SIMなどを利用しているユーザーはそもそも使えないですしね。

デビットカードとは?何故デビットカードがオススメ?

デビットカード

各プラットフォームの決済方法の状況がわかったところで「何故デビットカードがオススメなのか」、そもそも「デビットカードとは何?」というのを説明したいと思います。

今払いのデビットカード

まずクレジットカードは皆さんご存知の通り、後払いです。一ヶ月に使った金額をまとめて支払うというもの。
分割払いやリボ払いなどで、まとめず分散して支払えるというメリットもありますが、手数料などで実際の利用金額より多く支払う事がほとんどです。

携帯電話会社のキャリア決済も、後日携帯電話利用料金と合算して請求されるので後払いですね。

では各プラットフォームが提供しているプリペイドカードは・・・?というと前払いになります。
決まった金額分のプリペイドカードを購入してチャージし、そのチャージされた金額内から利用するので、金額ピッタシのゲームを買わない限りは多めに支払う事になります。
いずれは消費するとは思いますが、先に支払っておくという事で、前払いという感じですね。

しかしデビットカードは、決済のタイミングで銀行口座の預金から即時引き落とされるので今払いという事になります。
買った分をその瞬間支払うという当たり前のような感じですが、これはデビットカードにしかできません。

そもそもデビットカードって何?

デビットカードは銀行口座と紐付いた決済用カードで、最近は国際ブランドである「VisaMastercardJCB」の決済機能がついたデビットカードが多く発行されてます。
デビットカードは、正確には国際ブランドデビット機能付きキャッシュカードになりますが、決済した即時に預金口座から引き落としされるため、即時払いのクレジットカードという認識をしてもらった方がイメージしやすいと思います。
通常のクレジットカードも、大体は銀行口座振替でクレジットカード利用代金を払ってますからね。
後日引き落としされるか、即時引き落とされるかの違いですね。

審査不要!18歳未満でも作れる!

デビットカードの仕組みを理解してもらったところで、デビットカード最大のメリットをご紹介したいと思います。
最大というと大袈裟ですが、デビットカードクレジットカードより優れている点はカード発行に審査がない」18歳未満でも発行できる」というこの2点です!

銀行口座から即時引き落としされるため、審査が不要で銀行口座を持っていれば発行する事ができます。
またクレジットカード18歳以上にならないと発行できませんが、デビットカード15歳以上又は16歳以上であれば発行する事ができます!
ゲーム好きの高校生デビットカード作るのはもう必須ですね!

15歳以上又は16歳以上と記載したのは、デビットカードを発行する銀行によっては15歳以上・15歳以上(中学生除く)・16歳以上と少し年齢での条件が異なる場合があるからです。

・・・とゲーム好きはデビットカードを持つべき!というのは理解して頂いたところで、どこの銀行のデビットカードがオススメなのか、編集部が独断と偏見でご紹介したいと思います!

Sony Bank WALLET(ソニー銀行)

編集部が一番オススメしたいプレイステーションでお馴染みのソニーグループSony Bank WALLET!ゲーマーにとってのメリットが盛りだくさん!

ソニー銀行のデビットカード詳細

銀行 ソニー銀行
カードブランド Visa
発行可能年齢 15歳以上(中学生を含む)
カードデザイン 通常カード:3種類
(提携カードで通常カードとは別でタカシマヤプラチナデビットカードANAマイレージクラブカードがあります)
対応ATM セブン銀行ATMイオン銀行ATMローソン銀行ATM、イーネットATMゆうちょ銀行ATM三菱UFJ銀行ATM三井住友銀行ATM
対応非接触決済 Visaタッチ決済、Google Pay、Garmin Pay、Fitbit Pay
保険 ショッピング保険、不正利用補償
年会費 年会費無料
URL https://moneykit.net/sie/
SNS Twitter:https://twitter.com/sonybank_jp
Instagram:https://www.instagram.com/sonybank_jp/
Facebook:https://fb.com/sonybank.jp

 

編集部内も保有者が多い

Sony Bank WALLET
funglr Games編集部メンバーが持つSony Bank WALLET
 - funglr Games

他にもソニー銀行のデビットカードSony Bank WALLET」はANAマイレージが貯まるANA提携デビットカードや、プラチナカードスペックを持つタカシマヤプラチナデビットカードも発行してます。
LANケーブルマンANA提携の「Sony Bank WALLET」を使用しており、筆者も発行開始した当初から「Sony Bank WALLET」を使用しています。
(初期発行のためまだVisaタッチ決済はない・・・)

ネット銀行ですが預金残高はトップレベルで、都市銀行に負けないレベルです。
デビットカードの機能だけでなく銀行としても利便性が高いと、編集部でもイチオシです!

またGoogle Payにも対応しており、更にPayPayや楽天PayなどのQRコード決済に対応しておりキャッシュレス社会において群を抜いてるデビットカードです!

楽天銀行デビットカード(楽天銀行)

楽天ポイントザクザク貯まる楽天銀行デビットカード!楽天グループサービスを使えば何処よりもお得!?

楽天銀行のデビットカード詳細

銀行 楽天銀行銀行
カードブランド VisaMastercardJCB
発行可能年齢 16歳以上
カードデザイン Visa:1種類×3、JCB:2種類、Mastercard:1種類
対応ATM セブン銀行ATMイオン銀行ATMローソン銀行ATM、イーネットATMPatsatゆうちょ銀行ATM三菱UFJ銀行ATM三井住友銀行ATMみずほ銀行ATM
対応非接触決済 Visaタッチ決済、Mastercardコンタクトレス、JCB Contactless
保険 楽天銀行デビットカード(VisaMastercardJCB):なし
楽天銀行シルバーデビットカード:ショッピング保険
楽天銀行ゴールドデビットカード:国内/海外旅行傷害保険、ショッピング保険
年会費 楽天銀行デビットカード(VisaMastercardJCB):年会費無料
楽天銀行ゴールドデビットカードVisa):5,500円(税込)
楽天銀行シルバーデビットカードVisa):2,200円(税込)
URL https://www.rakuten-bank.co.jp/debit-card/
SNS Twitter:https://twitter.com/RakutenBK_now

楽天銀行は900万口座開設されており、ネット銀行では一番ユーザーが多いです。
取り扱ってるデビットカードの国際ブランドも一番多く、楽天ユーザーではあれば作っておいて損のないと思います!

ミライノ デビット(住信SBIネット銀行)

年会費を払えばプラチナカードが持てる!

住信SBIネット銀行のデビットカード詳細

銀行 住信SBIネット銀行
カードブランド VisaMastercard
発行可能年齢 15歳以上(中学生含む)
カードデザイン Visa:3種類、Mastercard:1種類×2
対応ATM セブン銀行ATMイオン銀行ATMローソン銀行ATM、イーネットATM、VIEW ALTTE、ゆうちょ銀行ATM
対応非接触決済 Visaタッチ決済、Mastercardコンタクトレス
保険 一般カード:なし
プラチナカード:ショッピング保険、海外旅行傷害保険、モバイル端末の保険(通信端末修理費用保険)
年会費 一般カード:年会費無料
プラチナカード:11,000円(税込)
URL https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/debitcard/
SNS Twitter:https://twitter.com/sumishinsbi
Facebook:https://www.facebook.com/sumishinsbi/

銀行としては可もなく不可もなしという感じです。特徴は年会費を払えばプラチナカードが持てる数少ないカードというくらいでしょうか。
ソニー銀行や楽天銀行に比べるとグループ間での特典が金融や保険に偏っているため、投資などに興味がない方は魅力は少ないですが、SBI e-Sports株式会社を設立しeスポーツ事業に参入しており、今後もしかしたらeスポーツとのシナジーが生まれるかも?

デビットカードは1枚持っておくと安心!

以上、ファングラーのメンバーが保有&利用し、オススメしたいデビットカードの紹介でしたが、クレジットカードをお持ちの方でもデビットカードを1枚持っておくと便利です。

使いすぎが不安な方はデビットカードであれば使いすぎもおきません。
最近は新型コロナウイルスによる渡航制限で海外へ行く方も少ないと思いますが、デビットカードであれば現地ATMでそのまま現地通貨を引き出す事ができます。
LANケーブルマンは一時期海外に長期滞在する事も多かったですが、クレジットカードにキャッシングをつけていなかったため、デビットカードで現金を引き出したりして生活してました。
何より両替所よりもレートがよく現金を両替するよりも全然お得です。

クレジットカードを持ってる方でも1枚デビットカードを持っておくと安心です。
もちろんクレジットカードデビットカードどちらも持ってない方は今スグ作りましょう!!


Copyright 2020 Sony Bank Inc. All rights reserved. Information on this site is for Japanese domestic market only.
PostPet™ © Sony Network Communications Inc.
Copyright © 2001 Rakuten Bank, Ltd. All Rights Reserved.
© SBI Sumishin Net Bank, Ltd.
©2020 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.
© Nintendo
© Microsoft 2020
© 2020 Valve Corporation.All rights reserved.
© 2020, Epic Games, Inc.
Copyright © 2020 Apple Inc. All rights reserved.
©2020 Google